2017年09月25日

マイクロソフト、量子コンピュータ専用プログラミング言語を公開。

未来

日本経済新聞 電子版は2017年09月26日に、米国のマイクロソフト(Microsfot)は2017年09月25日に、次世代高速コンピュータとされる量子コンピュータ(Quantum Computer)の開発で、外部エンジニアの知見を活用すると発表した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

専用のプログラミング言語を公開し、演算シミュレーションなどに役立ててもらう。人工知能(AI)の性能向上などにつながる量子コンピュータはGoogleやIBMも開発を急いでおり、競争が激しくなってきたと報告した。

マイクロソフトのCEO(最高経営責任者)サティア・ナデラ(Satya Nadella)がオーランド市内での講演で、仮想現実やAIと並ぶ重要技術に量子コンピューターを位置付け、12年前から続けている開発に一段と力を入れる考えを示した。

その一環として、量子コンピュータ上で動くアルゴリズムを開発するための言語「量子コンピュータ専用プログラミング言語」を公開した。この言語を使うことで、外部エンジニアもクラウドやパソコンを使った量子コンピューターの作動シミュレーションに参加できるようにした。

サティア・ナデラは、量子コンピュータが実用化すれば、AIの学習速度が格段に上がるなど「これまで解決できなかった問題が解決できるようになる」と言った。

量子コンピュータは作動の安定など商用化に課題も多いが、将来性や期待は大きい。

最近、影がめっきり薄くなったマイクロソフトが、久々に注目されるようになるのだろうか?

量子コンピュータの写真を見ると、ネジがあり、太いケーブルが見え、未来的ではない。
時代が、過去のアナログ・コンピュータに向かっているような錯覚を感じる。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。