gaYa広告

2017年09月21日

ユタ州の糞の化石から、草食恐竜は、甲殻類も食べた!

超過去食品

AFPは2017年9月22日に、一部の草食恐竜は、草木だけではなく、実は甲殻類も食べていた可能性を示す分析結果が、2017年9月21日のイギリス科学誌ネイチャー(Nature)に掲載されたと報告した。

草食恐竜の食習慣に関するこれまでの認識に一石を投じるものだと伝えている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Fossilized poo reveals that vegetarian dinosaurs had a taste for crabs
Ancient crustaceans in dino dung from Utah illuminate herbivores’ broad diet.

Alexandra Witze
21 September 2017

Nature doi:10.1038/nature.2017.22649

調査を行ったコロラド大学ボルダー校(University of Colorado Boulder)の自然史博物館(Museum of Natural History)のカレン・チン(Karen Chin)准教授の研究チームによると、米国ユタ州(Utah)南部の白亜紀後期の地層であるカイパロウィッツ(Kaiparowits)累層の糞の化石から、殻のような物質が多数見つかった。

研究チームは、草食恐竜の食習慣は大きな草食動物であるゾウやキリンよりも鳥に近いものだった可能性があるとの見解を示している。

鳥は、繁殖期に通常より多くのタンパク質やカルシウムを求めることが多いという。

草食恐竜は、大量のタンパク質を必要とする繁殖期に甲殻類を食べていた可能性がある。

糞がどの種の恐竜のものかは不明だが、研究チームによると、8mル以上に成長するとされる、カモのようなくちばしをもつハドロサウルスの可能性があるという。

そういえば、ドイツの医学教授は、糞で全てがわかると豪語していた。

患者が来ると、直ぐにズボンを下げさせ、教授は右手にビニールの手袋をして、肛門に中指を差し当ている。
最初の時は、誰もが驚く!
しかし、教授は肛門に中指を差し当てた指を眺め、匂い、色、粘着性などから、診断を始める。
それは、男女の差はない!

その教授の下についた日本人の医者の卵は最初、この教授は狂っていると思ったが、その研究成果から、驚きに変わったと言っていた。

2008-04-03---「糞」の化石は、BC1万2,300年頃であった。
2004-03-22---オレゴン州のPaisley近くにある洞窟で、「糞の化石」を発掘した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告