AD SPACE

2017-09-20

「3香港」と「華為」、「NB-IoT」ネットワークを構築。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月22日に、香港の資産家李嘉誠が保有する香港の通信大手HTHK(Hutchison Telecommunications Hong Kong Holdings Ltd./ハチソン・テレコミュニケーションズ香港/和記電訊香港)傘下の通信キャリア「3香港(3HK)」と通信設備・機器の世界最大手Huawei(ファーウェイ/華為技術)は2017年09月20日に、IoT(Internet of Things/モノのインターネット)向けLTE通信の仕様「NB-IoT」ネットワークの構築が完成したと発表した。

[AD] You can advertise on this site.

ネットワークは基本的に香港全域をカバーしている。

「NB-IoT」とは、家電や自動車、環境センサーなど高速のデータ通信を必要としないIoT向けLTE通信の仕様。

応用に向けた準備が整ったとして、まずは同じグループ会社のパワーアセッツ・ホールディングス(Power Assets Holdings/電能実業)と協力してスマート・メーターなどへの応用の可能性を探る。

香港政府系ハイテク産業団地の香港科学園(サイエンスパーク)にもネットワークを構築する。入居するスタートアップ企業に「NB-IoT」ネットワークを活用した研究開発を促している。HTHKでは新たな作業チームを編成し、製品開発やテスト段階から積極的に関わってNB―IoTの応用を進めていると伝えている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.