2017年09月20日

もう直ぐ、スマートフォンにSFの世界がやってくる。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月21日に、工商時報が2017年09月20日に報告した情報によれば、携帯端末向けIC設計世界大手の聯発科技(MediaTek Inc./メディアテック)が、既にスマホ用チップに内蔵するAI(artificial intelligence/人工知能)オペレーション・ユニットの設計を完了したと言い。2018年にもスマートフォン用のAIチップを発売すると報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

聯発科は2018年発売予定のチップ「Helio P70(ヘリオP70)」に、初めて「NVPU(neural network visual processing unit/ニューラルネットワーク・ビジュアル・プロセッシング・ユニット)」と呼ばれるAI処理プロセッサを搭載するとみられる。

NVPUチップの製造は、ファウンドリー(foundry/半導体の受託製造)世界最大手のTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd./臺灣積體電路製造股份有限公司/台湾積体電路製造)が12ナノメートル・プロセスで担い、来年上半期(1〜6月)に生産を開始する予定にしている。

業界関係者は「ヘリオP70はスマート端末のAI市場参入の試金石となる。来年以降はさらに多くのスマホ用チップにNVPUが搭載される見通しで、AIが聯発科技の新たな成長エンジンとなる可能性もある」と指摘している。

AIをめぐっては既に、米国のインテルやGPU世界大手のエヌビディア(NVIDIA)などがディープラーニングなどでAIの部分的な応用を積極化。スマホなど最終端末の分野ではチップ企業がAI対応製品を打ち出し始めており、中国・華為技術(Huawei/ファーウェイ)傘下の半導体メーカーの深圳市海思半導体は、AI処理を行う専用プロセッサ「NPU」を内蔵したシステム・オン・チップ(SoC)「kirin970」をドイツ・ベルリンのIFA 2017で、2017年09月02日に発表した。

GIZMODOは2017年09月20日に、「Kirin 970」搭載スマホ「Mate 10」が2017年10月16日に登場すると報告している。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告