2017年09月20日

もう直ぐ、スマートフォンにSFの世界がやってくる。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月21日に、工商時報が2017年09月20日に報告した情報によれば、携帯端末向けIC設計世界大手の聯発科技(MediaTek Inc./メディアテック)が、既にスマホ用チップに内蔵するAI(artificial intelligence/人工知能)オペレーション・ユニットの設計を完了したと言い。2018年にもスマートフォン用のAIチップを発売すると報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

聯発科は2018年発売予定のチップ「Helio P70(ヘリオP70)」に、初めて「NVPU(neural network visual processing unit/ニューラルネットワーク・ビジュアル・プロセッシング・ユニット)」と呼ばれるAI処理プロセッサを搭載するとみられる。

NVPUチップの製造は、ファウンドリー(foundry/半導体の受託製造)世界最大手のTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd./臺灣積體電路製造股份有限公司/台湾積体電路製造)が12ナノメートル・プロセスで担い、来年上半期(1〜6月)に生産を開始する予定にしている。

業界関係者は「ヘリオP70はスマート端末のAI市場参入の試金石となる。来年以降はさらに多くのスマホ用チップにNVPUが搭載される見通しで、AIが聯発科技の新たな成長エンジンとなる可能性もある」と指摘している。

AIをめぐっては既に、米国のインテルやGPU世界大手のエヌビディア(NVIDIA)などがディープラーニングなどでAIの部分的な応用を積極化。スマホなど最終端末の分野ではチップ企業がAI対応製品を打ち出し始めており、中国・華為技術(Huawei/ファーウェイ)傘下の半導体メーカーの深圳市海思半導体は、AI処理を行う専用プロセッサ「NPU」を内蔵したシステム・オン・チップ(SoC)「kirin970」をドイツ・ベルリンのIFA 2017で、2017年09月02日に発表した。

GIZMODOは2017年09月20日に、「Kirin 970」搭載スマホ「Mate 10」が2017年10月16日に登場すると報告している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。