gaYa広告

2017年09月20日

三菱東京UFJ、CIMBの全保有株式売却!

銀行

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月21日に、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と、その傘下の三菱東京UFJ銀行は、マレーシアの金融大手CIMBグループ・ホールディングス(CIMB:Bursa Malays/ommerce International Merchant Bankers/商業国際貿易商銀行)の全保有株式を売却したと発表した。

売却理由については、資本運営の最適化を進める上で、見直しを行ったと説明している。
売却額は25億5,700万リンギ(約680億円)。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

CIMBが発表した声明によると、MUFGはCIMBの全発行株式の4.6%に当たる4億1,250万6,345株を25億5,700万リンギで売却した。

MUFGは、売却の理由について「MUFGおよび当行を取り巻く環境変化を踏まえた慎重な検討を重ねた結果、株式を売却する結論に至った」と説明している。

2017年05月15日に発表した「MUFG再創建イニシアティブ」における生産性向上のための個別施策として、国際金融規制の強化やグローバル事業環境の変化対応に向けた資本運営の最適化を推進。これに基づき、グループ各社の戦略出資について、資本効率や戦略性、出資採算などの見直しを行っていた。

CIMBへの出資は、三菱東京UFJ銀行の前身である旧三和銀行が1974年に行ったCIMBの前身銀行の出資にさかのぼるもので、今回の株式売却により、約40年にわたる資本関係はなくなった。

三菱東京UFJ銀行の現地法人であるマレーシア三菱東京UFJ銀行は、2014年にCIMBグループのCIMBインベストメント・バンクを幹事として、邦銀として初めての円建てイスラム債(スクーク)の発行を行ったほか、2015年にはトヨタ・キャピタル・マレーシアの資金調達プログラムでCIMBインベストメント・バンクと共同主幹事などを務めるなど、近年も共働している。

三菱東京UFJ銀行は、今回の株式売却に際しても、ASEAN(Association of South‐ East Asian Nations/東南アジア諸国連合)地域での重要な提携パートナーとしての関係は変わらないと説明した。

CIMBのテンク・アブドゥル・アジズ(Zafrul bin Tengku Abdul Aziz)最高経営責任者も、「40年で両社は成熟した関係を築いている。MUFGの資本強化に余儀ないことである。今回の動きの一方、今後も強固な関係は維持され、信頼できるビジネスパートナーとして協業を展開していく」とコメントした。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する外部のサイト