on-the-time.jp

2017年09月20日

三菱東京UFJ、CIMBの全保有株式売却!

銀行

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月21日に、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と、その傘下の三菱東京UFJ銀行は、マレーシアの金融大手CIMBグループ・ホールディングス(CIMB:Bursa Malays/ommerce International Merchant Bankers/商業国際貿易商銀行)の全保有株式を売却したと発表した。

売却理由については、資本運営の最適化を進める上で、見直しを行ったと説明している。
売却額は25億5,700万リンギ(約680億円)。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

CIMBが発表した声明によると、MUFGはCIMBの全発行株式の4.6%に当たる4億1,250万6,345株を25億5,700万リンギで売却した。

MUFGは、売却の理由について「MUFGおよび当行を取り巻く環境変化を踏まえた慎重な検討を重ねた結果、株式を売却する結論に至った」と説明している。

2017年05月15日に発表した「MUFG再創建イニシアティブ」における生産性向上のための個別施策として、国際金融規制の強化やグローバル事業環境の変化対応に向けた資本運営の最適化を推進。これに基づき、グループ各社の戦略出資について、資本効率や戦略性、出資採算などの見直しを行っていた。

CIMBへの出資は、三菱東京UFJ銀行の前身である旧三和銀行が1974年に行ったCIMBの前身銀行の出資にさかのぼるもので、今回の株式売却により、約40年にわたる資本関係はなくなった。

三菱東京UFJ銀行の現地法人であるマレーシア三菱東京UFJ銀行は、2014年にCIMBグループのCIMBインベストメント・バンクを幹事として、邦銀として初めての円建てイスラム債(スクーク)の発行を行ったほか、2015年にはトヨタ・キャピタル・マレーシアの資金調達プログラムでCIMBインベストメント・バンクと共同主幹事などを務めるなど、近年も共働している。

三菱東京UFJ銀行は、今回の株式売却に際しても、ASEAN(Association of South‐ East Asian Nations/東南アジア諸国連合)地域での重要な提携パートナーとしての関係は変わらないと説明した。

CIMBのテンク・アブドゥル・アジズ(Zafrul bin Tengku Abdul Aziz)最高経営責任者も、「40年で両社は成熟した関係を築いている。MUFGの資本強化に余儀ないことである。今回の動きの一方、今後も強固な関係は維持され、信頼できるビジネスパートナーとして協業を展開していく」とコメントした。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト