gaYa広告

2017年09月19日

「チビチリガマ」荒らしは、教育してこなかった大人の責任!

戦争と平和

毎日新聞は、太平洋戦争末期の沖縄戦で住民83人が集団自決した沖縄県読谷(よみたん)村の自然壕(ごう)「チビチリガマ」が荒らされた事件で、器物損壊容疑で逮捕された少年たちが、チビチリガマの歴史について「ほとんど知らなかった」などと供述していることが沖縄県警嘉手納署への取材で分かったと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

看板や千羽鶴などを壊したとして2017年09月15日に逮捕されたのは、沖縄本島中部に住む16〜19歳の少年4人。
「チビチリガマ」での集団自決の経緯や歴史について、逮捕後「初めて分かった」などと話しているという。

これまでの調べに「心霊スポットに行こうと思った」「肝試しだった」などと話していたが、ほとんどが「悪ふざけだった。」と供述していることも分かった。

少年たちは「チビチリガマで亡くなった人や関係者に謝罪の気持ちでいっぱい」などと反省の言葉も口にしているという。

沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は2017年09月19日に、県庁で記者団に対して「10代の子供たちが何の意味合いもなくガマを荒らしたことは、沖縄の平和に対する思いが若い人たちに伝わっていないという中での出来事なのかと危惧している。とても残念だ」と語った。

「とても残念だ」ではなく、教育してこなかった責任を感じるべくである。

彼らに責任はない

「チビチリガマ」の緯度、経度
26°24'21.9"N 127°43'26.6"E
〒904-0322 沖縄県中頭郡読谷村波平1153

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。