gaYa広告

2017年09月18日

魚の4割が、微細プラを体内に取り込んでいた。

自然

毎日新聞は、京都大学の田中周平准教授(環境工学)らのチームが、海に漂う微細なマイクロプラスチック(MP)を体内に取り込んだ魚が、東京湾や大阪湾、琵琶湖など国内の広い範囲で見つかり、調査した魚全体の4割に上ったという結果をまとめたと報告した。

MPは、レジ袋やペットボトルなどが紫外線や波で砕かれてできた大きさ5mm以下のごみ。

汚染は世界の海に広がっているが、日本も深刻な状態にあることが示された。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

環境中の化学物質を吸着しやすいため、田中准教授は「魚など海洋生物への影響を調べる必要がある」と話している。

ただし、人が食べた場合は体外に排出されるとみられている。

チームは2016年10〜12月、女川湾(宮城県)、東京湾、敦賀湾(福井県)、英虞湾と五ケ所湾(三重県)、琵琶湖(滋賀県)、大阪湾で調査した。計197匹の魚を採取し、消化管を調べると4割に当たる74匹からMP計140個が見つかった。

検出率が最も高かったのは東京湾のカタクチイワシで約8割に達した。次いで大阪湾のカタクチイワシが5割近く、女川湾のマイワシが4割だった。

カタクチイワシやマイワシは、吸い込んだ水をえらでろ過してプランクトンを食べるため、餌と一緒にMPを飲み込んでいるらしい。こうした魚からは5割強で見つかり、アジなど他の食べ方をする魚の約2割を大きく上回った。

MPは総重量が同じでも、一つ一つのサイズが小さいほど吸着した化学物質の量が多くなる。今回の調査は大きさ0.1ミリ以上が対象で、田中准教授は「より小さいサイズも調べたい」としている。

これは決して驚くようなことではなく、川や海ではプラスチックでできた疑似餌(Lures)で多くの魚が釣り上げられている。

マグロやカジキなどの大型魚やカツオ、川ではますやヤマメなどもプラスチックでできた疑似餌で釣れている。

問題は、その魚を食べた場合の人間の影響だろう。

もし、全て排出されて、影響はないというなら、問題にすることはないが、本当だろうか?

その調査が先のようにも感じる。

もし、本当に人体には影響しないというなら、海の汚れをきれいにするのに魚が役立つことになる。

疑似餌で釣れない魚はいないとも言える。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。