on-the-time.jp

2017年09月18日

ロヒンギャ難民の老人2人、就寝中ゾウに踏まれ死亡。

自然宗教戦争と平和

AFPは、バングラデシュで2017年09月18日に、プラスチックのシートで森の近くに組み立てたテントの中で野宿して寝ていたイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の難民の老人2人が野生のゾウに踏まれ、死亡したと、地元警察が明らかにしたと報告した。

疲れ果てて寝ていたのだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

事件が起きたのはバングラデシュ南東部コックスバザール(Cox's Bazar)県クトゥパロン(Kutupalong)にある難民キャンプ)「Kutupalong Refugee Camp」の外れで、同地には隣国ミャンマーでの衝突を逃れて越境してきたロヒンギャ数万人が仮設キャンプを設営し、暮らしている。

地元警察の署長は「野生のゾウ数頭に踏まれ、2人が死亡した。」と認め、2人はロヒンギャだったと明らかにした。

2017年08月25日にミャンマー西部ラカイン(Rakhine)州で治安部隊がロヒンギャの武装集団に対して軍事作戦を開始して以来、これまでに41万人を超えるロヒンギャが隣国バングラデシュに避難している。

ロヒンギャ難民たちは屋外や道路脇で暮らしており、食料や必需品などの支援物資を運んでくるトラックに殺到している。

あるロヒンギャの老人によると、死亡した2人は最近やって来た難民で、クトゥパロンの難民キャンプ近くの森林周辺で避難生活を送っていたという。

このロヒンギャはAFPに対し「(事故は)プラスチックのテントで彼らが寝ていた18日の早朝に起きた。野生のゾウ数頭が2人を踏み殺した」と述べた。

バングラデシュ南東部コックスバザール(Cox's Bazar)県クトゥパロン(Kutupalong)にある難民キャンプ)「Kutupalong Refugee Camp」の緯度、経度
21°12'45.33"N,92° 9'48.40"E

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告