on-the-time.jp

2017年09月18日

ロヒンギャ難民の老人2人、就寝中ゾウに踏まれ死亡。

自然宗教戦争と平和

AFPは、バングラデシュで2017年09月18日に、プラスチックのシートで森の近くに組み立てたテントの中で野宿して寝ていたイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の難民の老人2人が野生のゾウに踏まれ、死亡したと、地元警察が明らかにしたと報告した。

疲れ果てて寝ていたのだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

事件が起きたのはバングラデシュ南東部コックスバザール(Cox's Bazar)県クトゥパロン(Kutupalong)にある難民キャンプ)「Kutupalong Refugee Camp」の外れで、同地には隣国ミャンマーでの衝突を逃れて越境してきたロヒンギャ数万人が仮設キャンプを設営し、暮らしている。

地元警察の署長は「野生のゾウ数頭に踏まれ、2人が死亡した。」と認め、2人はロヒンギャだったと明らかにした。

2017年08月25日にミャンマー西部ラカイン(Rakhine)州で治安部隊がロヒンギャの武装集団に対して軍事作戦を開始して以来、これまでに41万人を超えるロヒンギャが隣国バングラデシュに避難している。

ロヒンギャ難民たちは屋外や道路脇で暮らしており、食料や必需品などの支援物資を運んでくるトラックに殺到している。

あるロヒンギャの老人によると、死亡した2人は最近やって来た難民で、クトゥパロンの難民キャンプ近くの森林周辺で避難生活を送っていたという。

このロヒンギャはAFPに対し「(事故は)プラスチックのテントで彼らが寝ていた18日の早朝に起きた。野生のゾウ数頭が2人を踏み殺した」と述べた。

バングラデシュ南東部コックスバザール(Cox's Bazar)県クトゥパロン(Kutupalong)にある難民キャンプ)「Kutupalong Refugee Camp」の緯度、経度
21°12'45.33"N,92° 9'48.40"E

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。