2017年09月14日

サムスン、次世代車技術の確保でファンドを立ち上げた。

未来

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年09月15日に、サムスン電子(Samsung Electronics)がUGV(unmanned ground vehicle/autonomous car自動運転車)やつながる車コネクテッドカー(Connected Car)の技術力確保に乗り出すため、2017年09月14日に、US$3億(約331億円)規模のファンドを立ち上げ、創業間もないスタートアップや有望技術に初期投資すると発表した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

サムスン電子はすでに、自動運転車を公道で試験走行させる許可を米国のカリフォルニア州のDMV(Department of Motor Vehicles/車両管理局)で取得している。

まずは、自動ブレーキなどのADAS(advanced driver assistance system/先進安全システム)を開発したTTTechにUS$7,500万を投資する。今後は、悪天候下での運転に対応できるアルゴリズムやAI(artificial intelligence/人工知能)と深層学習(deep learning/ディープラーニング)を基盤とする次世代センサーなどの部品開発も支援する。

サムスン電子はまた、傘下の米国の自動車部品メーカーのハーマン・インターナショナル(Harman International)との協力関係を強化するとした。ハーマンが年初に立ち上げた、自動運転システムの開発に取り組む専門部署と合同で、より安全でより賢いコネクテッドカー技術の開発に集中する。

サムスン電子は車の製造事業への進出については、「計画していない」とコメントしている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。