2017年09月12日

ベルギー市長の喉を切り殺害した、18歳少年を逮捕。

犯罪と裁判

AFPは、ベルギー西部にあるムスクロン(Mouscron)の市長が喉が切られて殺害された事件で、ルギー警察当局は2017年09月12日に、容疑者の18歳の少年を逮捕したと発表した。

ベルギーに大きな衝撃をもたらした今回の事件の動機は、市の元職員だった父親が解雇されたことに対する報復だったとみられるという。

71歳のアルフレッド・ガダンヌ(Alfred Gadenne)市長は2017年09月11日に、自宅近くのリュアンニ共同墓地(Luingne Cemetery)で遺体となって発見された。

アルフレッド・ガダンヌは毎日墓地の門の開施錠を行っていた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

地元メディアによると少年の父親は市の元職員で、2015年に解雇されて自殺しており、事件はそれに対する報復とみられるという。

この事件はベルギー国内で大きな波紋を呼んでおり、ベルギーのシャルル・ミシェル(Charles Michel)首相はTwitterに、皆から広く愛されていたアルフレッド・ガダンヌの死の知らせに恐怖を覚えたと投稿した。

人口約6万人のムスクロンは、パプなどのナイトライフで知られており、隣接するフランスから多くの人々が訪れる。

イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」の殺害場面がビデオで公開され、このような殺害方法がよく知られる用意なった結果だろう。

イラクで、サダム・フセインが絞首刑で殺された時、子供たちが遊びでそれを真似し、何人かが死んでいる。

ムスクロン(Mouscron)のリュアンニ(Luingne)緯度、経度
50°44'18.4"N 3°14'01.4"E

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。