gaYa広告

2017年09月12日

国連が、難民の子ども350万人が学校に行けていないと、資金援助訴え!

教育戦争と平和

AFPは、UNHCR(Office of the United Nations High Commissioner for Refugees/Haut Commissariat des Nations unies pour les réfugiés国連難民高等弁務官事務所)は2017年09月12日に、世界各地で難民となった子どもたちのうち、半数以上に当たるおよそ350万人が学校に通えていない状態であると明らかにした。

同事務所は、難民の子どもたちに対する教育へのさらなる出資と持続的な資金援助を求めている。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

UNHCRが発表した報告書によると、UNHCRの支援下にある5〜17歳の難民の子どもたち640万人の中で、昨年の間に1日も学校に通わなかった子どもたちはおよそ350万人に上ったという。

UNHCRのトップを務めるフィリッポ・グランディ(Filippo Grandi)高等弁務官は報告書で、「難民の若者への教育は、受け入れ地域の平和的で持続的な発展、および母国の将来の繁栄に不可欠なものだ!」と訴えた。

またUNHCRは援助国の政府に対し、難民に対する教育への出資金の増額と、「緊急の局面から抜け出した後」の持続的な資金援助に取り組むよう求めた。

グランディ高等弁務官によると、UNHCRの支援下にある難民1720万人の半分は子どもだとも話している。

さて、戦争が終わる前に資金援助して、その金が弾丸に変わる可能性もある。
まず、戦争を終わらせる大人の努力が必要である。

1945-09-15---文部省が「新日本建設ノ教育方針」を公表。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。