1898年09月12日

アメリカのアーティストベン・シャーンが、リトアニアで生まれた。

人物

ArtDailyは2017年09月12日に、アメリカのアーティストであったベン・シャーン(Ben Shahn/1898 - 1969 )は、1898年09月12日に、リトアニアのカウナス(Kaunas/Kauņa,/Kowno/Каунас)で生まれた。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

彼の作品は、ソーシャル・リアリズムから、彼の左翼的な政治の見方、および彼の一連の講義で彼の作品のために内容の形として最もよく知られている。

実は、私の恩師勝見勝(Katsumie Masaru)は、ベン・シャーンと個人的な関係もあり、最後にベン・シャーンが日本を訪れた時、私は会っている。

そして、グラフィクデザインで、ベン・シャーン特集をした。

今回公開された写真は、リトアニアで誕生したアメリカのソーシャル・リアリズム(社会的写実主義/American social realist)の画家ベン・シャーンは、マンハッタンのアッパー・ウェスト・サイド(Upper West Side of Manhattan)の彼のスタジオで1938年12月12日会ったときに撮影された。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト