2017-09-12

住吉会の総裁、病死。

人物

毎日新聞は、東京都港区に本部がある指定暴力団住吉会の西口茂男総裁が2017年9月12日未明に、都内の病院で88歳で死亡したことが、警視庁などへの取材で分かったと報告している。

死因は病死とみられるという。

88歳なら老衰だろう。

警視庁などによると、西口総裁は2002年に総裁に就任した。

傘下の組員らが起こした特殊詐欺事件を巡り、被害者から「使用者責任がある」として損害賠償を求める民事訴訟3件を東京地裁に起こされ、係争中だった。

警察庁の資料によると、2016年末時点の住吉会の構成員(準構成員を含む)は約6600人で、山口組に次ぐ全国2番目の規模である。

昔は、東の住吉、西の山口と言われていた。

住吉会総本部住所
東京都港区赤坂6-4-21ニュー赤坂マンション2F
35°40'14.35"N,139°44'5.88"E