on-the-time.jp

2017年09月09日

ルクソールで、古代エジプトの金細工職人の墓発見。

超過去

AFPは2017年09月10日に、エジプト考古省(Ministry of Antiquities, the Arab Republic of Egypt)は、古代の神殿や墓が集中する南部ルクソール(Luxor)で、アモン神(Amun)に仕えた金細工職人の墓を発見し、女性1人とその子ども2人のミイラも見つかったと発表した。

墓は約3,500年前、新王国(New Kingdom/紀元前16世紀〜11世紀)時代のもので、ルクソールのナイル(Nile)川西岸のドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)共同墓地で発見された。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

墓は約3,500年前、新王国(New Kingdom/紀元前16世紀〜11世紀)時代のもので、ルクソールのナイル(Nile)川西岸のドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)共同墓地で発見された。

墓碑銘には「アモン神の金細工職人、アメンエムハト(Amenemhat)」と記され、墓内部には職人が妻と並んで座っている像があり、その間には2人の息子の肖像が描かれているという。

考古省が専門家の話として明らかにしたところによると、ミイラの女性は推定年齢50歳で死亡し、細菌性の骨の病気にかかっていたことが判明した。

調査隊は他にも、木や粘土、石灰石でできた副葬品の彫像150体を発見したと伝えている。

そう言えば、ルクソールの対岸、王家の墓から一山超えたところで、ビール職人の墓を見たが、質素だが職人の仕事が絵で解説されていた。

ドゥラ・アブル・ナガ(Draa Abul Nagaa)共同墓地の緯度、経度
25°43'15.6"N 32°43'21.3"E

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。