1913-08-31

アメリカの写真家ヘレン・レビットが生まれた。

人物アート

ArtDailyは2017年08月31日に、特に、ニューヨーク市のまわりのハーレムを含む「通りの写真撮影(Street hunter)」のために注目されて、彼女の生きた時代の中で最も有名で、極少な既知の写真家と呼ばれたヘレン・レビット(Helen Levitt/1913 - 2009)は1913年08月31日に、ニューヨーク州ブルックリンのベンソンハースト(Bensonhurst, Brooklyn)で、ロシアのユダヤ系移民である父と、結婚する前はロシア系ユダヤ人の移民の簿記係で、ニット製品の卸売業を営んでいた夫婦の子として、 メニエール症候群で生まれたと報告した。

彼女はニューヨーク市に住み、高校を中退すると、1931年にブロンクスの商業ポートレート写真家であるJ.フロリアンミッチェルの元で働き始め、暗室で写真を現像する方法を学んだ。

彼女は、ジュリアン・レヴィ・ギャラリー(Julien Levy Gallery)で、アンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson)の作品を初めて芸術としての写真に出会い、大きな影響を与えられた。

彼女は、使用済みのフォイトレンダーカメラで母親の友人を撮影して練習した。

彼女はライカカメラ(直角ビューファインダー付き)を購入し、当時のニューヨークの子供たちのストリートカルチャーの一部であった一時的なチョークの絵に興味をそそられ、チョークの絵と、それを描いた子供たちの写真を撮り始めました。

それらは、1987年に 『In The Street:chalk drawing and messages、New York City 1938–1948』として出版された。

約70年間、写真家としてアクティブであり続けた。ニューヨークの「ビジュアルな桂冠詩人」が悪名高く、内気なパブリシティは秘密であった。

雑誌「TIME」など、ジャーナリズム系メディアで作品を発表し続けた。

彼女は写真だけではなく、第2次世界大戦後には、何本かの映画も制作している。

彼女は、 坐骨神経痛のために1990年代に自分の版画を作ることをあきらめ、ライカを立てて運ぶことを困難にし、彼女を小さな自動コンタックスに切り替え、生まれた時のメニエール症候群が、内耳障害を起こし、1950年代には、ほぼ致命的な肺炎になり、彼女は結婚しないで、黄色いぶちのブリンキーと一緒に一人暮らしをし、彼女は闘病の末、95歳で2009年03月29日に眠ったように死去した。

Related Sites