2017-08-30

こんな都議は要らない!都議会で都民ファーストが知事に初質問!

犯罪と裁判

毎日新聞は、東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める「都民ファーストの会」が都議会第1党に躍進してから初めての「論戦」が2017年08月30日に、都議会臨時会で始まったと報告した。

都民ファーストは知事の施策を持ち上げる発言に終始した。
第1党が行政をチェックできるのか不透明なスタートとなった。

こんなバカな政治団体は、要らない!

冒頭で質問に立った都民ファーストの木村基成は「私たちは知事が進める『東京大改革』を掲げ55人が当選した。都民の期待は東京大改革の実現」と述べ、知事と一体となって都政を進める姿勢を強調した。

都知事と都議会の意味も理解していない独裁体制を賞賛する政治家は、存在自体が無意味。

「(小池知事の政策を)高く評価する」を連発し、第1党から陥落した自民から「質問しろよ」とヤジが飛んだ。

当然である!

質問もできない都議会議員?

自民は小池知事が都議選直前に示した「豊洲移転・築地再開発」の基本方針を問題視し、早坂義弘が「(知事は)『さまざまな意見を参考にした』と述べたが、どなたの意見か」と質問した。

小池知事が「(聞いた意見の数は)あまりに多過ぎてこの場でお答えするには時間が足りない」と答弁すると議場は騒然となり、議論はかみ合わなかった。

こんな非科学的た答弁しかできない都知事には、びっくりである。

都民ファーストではなく、独裁金魚のうんこ党であり、東京大改革などあり得ない!

できるのは、暴走である。

2017-07-13---小池百合子知事の側近、「日本ファーストの会」設立。
2017-06-02---小池知事、都民ファーストの会の代表就任の直前に自民党離党届。

Related Dates