2017-08-14

石川県の山代温泉ごみ集積場で、現金約2000万円。

経済

毎日新聞、中日新聞、NNNは、石川県加賀市山代温泉のごみ集積場で現金約2000万円が見つかったと、石川県警大聖寺署が2017年08月14日に発表したと報告した。

石川県警大聖寺署によると、2017年08月14日午前7時ごろ、近隣住民らが利用するごみ集積場で分別の状況を確認していた近所の70代女性が、現金の入った紙製の箱が置かれているのを見つけた。

現金は全て1万円札で、いくつかの束になっていたという。遺失物届は出されておらず、同署が持ち主を捜している。

拾得物検索システムで検索したが見つからなかった!

発見者の女性は中日新聞の取材に、ごみが正しく仕分けされているか確認していたところ、不燃ごみの袋のそばに、ふたのない重箱を見つけたと説明。重箱は三段重ねで、すべての段に新聞紙に包まれた状態で現金が入っていた。すべて一万円札で、帯封がついたものもあった。いずれも新札ではなかったという。

加賀市によると、集積場がある地区では、2017年8月14日に燃えないごみと資源ごみを収集していた。
集積場は温泉旅館が立ち並ぶ温泉街中心部近くにある。

もしかすると、タンス預金かもしれない。

石川県警大聖寺署の緯度、経度
加賀市大聖寺東町1丁目1番地
36°18'14.94"N,136°19'3.53"E