2017-08-02

インドで、Paytm、WhatsApp、Hike setの縄張り争い。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Paytmは、モバイルの支払いの中心的なビジネスを続けるためにのチャットサービス開始によって、WhatsAppとHike setと競合するために設定された。

Paytmに近いソースを引用することによって、WSJ(The Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)は、インドのモバイル支払い会社が、数週以内にメッセージで送ることに動くことができると報告した。

サービスは、テキスト、ビデオ、および画像の無料の交換を可能にするために考えられて、顧客と交戦し、購入品について助言するために、その時どれがアプリを通じて処理できるかで、ブランドにより用いられえた。

伝えられるところでは、WhatsAppが、P2P(person-to-person/個人対個人)の現金転送をそのチャットアプリに追加することを計画していると、Paytmの計画のニュースが来た。それをビジネスの中心的なラインのうちの1本として、Paytmとの直接的な競争に入った。

世界で最大通信Appのうちの1つであるインドのHike setは、1億人のユーザー数をカウントし、ダウンロードのため、それ自身のP2P支払いサービスを2017年06月に乗り出させた。

現在、2億人を超える人々が、Paytmの支払いアプリを使う。国のユーザーの同様な数を持つために、WhatsAppが見積もられている。

そのサービスの範囲を拡張することで、その最近の戦略を持つ通信への開始で、Paytmの侵略拡張は計画を立てる。

2017年07月に、会社は、その焦点がロイヤリティ合わせられたテクノロジーをその中心的な提供物に追加することを計画したことを明らかにする間、未公開の広告会社MobiQuestに投資した。

2017年05月の会社は、また、モバイルの支払い銀行サービスを提供するために、インドの2番目になり、1月にBharti Airtelの近くで同様なスタートに続いていた。

中国では、「WeChat Pay」と「Alipay」の2大市場になり、

インドでは、Paytm、WhatsApp、Hike setのインド縄張り争いと、そのサイドで、PaytmとBharti Airtelの競争もある。

さらに、GoogleのAndroid PayとFacebookが参戦する。

中国の戦争は2強になったが、インドは、これから落とされて、スリムになっていく。

2017-08-08---中国で、スマホ決済「2強」が激突!
2017-07-18---PaytmはロイヤリティAppの統合を目標に投資。
2017-07-11---Google、WhatsApp、Facebookがインドのペイメントで準備中。
2017-05-27---Googleの目は、インドでのAndroid Pay立ち上げに向いている。
2017-05-23---Paytmは、5月に支払い銀行スタート。
2017-04-19---ソフトバンクはPaytm投資としてUS$15億で熟考!
2017-01-24---Paytmの信用銀行サービスは、ユーザー目標が5億人。
2017-01-05---2016年に、Paytmモバイル財布トランザクションが10億を記録。
2016-12-21---PayPalは、Paytmブランドを塞ぐことに努める。
2016-12-20----Samsung Pay、2017年第1半期にインドでスタートを設定!
2016-12-14---インドのオペレータは、キャッシュレス経済を要求。
2016-12-12---Bharti Airtelの新モバイル・バンキング・サービスで10万人顧客。
2016-12-07---インドのカードターミナル不足はモバイルの支払いのドアを開く。
2016-12-05---Reliance Industriesは、支払いを押す。
2016-12-01---Reliance Industriesは、新しいペイメントを押す!
2015-06-12---インドのJioも、モバイル・マネーのスタートを設定した。