2017-08-02

アップルCFOはモバイル支払いサービス拡張を詳説。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは2017年08月02日に、Apple Payは年末までにUAE、デンマーク、フィンランド、およびスウェーデンでスタートし、20カ国にサービス入手可能性を拡張する。

UAEでの開始は中東とアフリカで最初のApple Pay市場であり、北アメリカ、ヨーロッパ、およびアジアでの初期の販売開始の焦点を合わせた。

会社は、5月に、サンマリノとバチカン市国を含むイタリアのスタートによって、その最も新しい領域のスイッチを入れた。

年の残りのためのロードマップは、017年07月01日に3ヶ月をカバーしている会社の会計年度第3四半期の間収益が、アップルSVPとCFOルカ・マエストリ(Apple SVP and CFO Luca Maestri)により明らかにされた。

ルカ・マエストリは「Apple Payの届く範囲、用法、および機能は成長し続ける」と、言い、追加して投資者に「Apple Payは、すべてのグローバルなトランザクションの約90%によって、モバイル機器のナンバー・ワンNFC支払いサービスである。」と言った。

彼は、「推進力は国際的な市場に最も強く。モバイル支払いのためのインフラストラクチャーは米国より速く発展した。」と、言った。

Apple Payのためのパフォーマンス測定基準は、四半期の間会社の統合された金融に含められていない。または年次営業報告書を結果として生じる。しかし、CEOティム・クック(Tim Cook)は、2014年10月に米国のそのスタート以来サービスの牽引を規則的に歓迎した。

今年末、会社は、P2P(erson-to-person/個人対個人)支払いの付加によってアップル支払いの機能を拡張するために設定される。

アップグレードは、6月にその世界的な開発者会議で発表されたオペレーティングシステムリリースの一部であると伝えた。

Apple Payの市場拡張はわかりやすいが、それに必要とした資金と、それによって得られた利益の数字が、これまでに全くない。

例えば中国では、「WeChat Pay」と「Alipay」が、中国市場の93.21%を占め、残りの6.79%をその他多くが分け合っている。

それは、インドでも同様の結果になるだろう。

最もモバイル・マネーが進んでいるアフリカは、さらにはっきりしていることだろう。

モバイル・マネーの3大市場で、Apple Payは負けている。

さらに、クレジット・カードで完結できる市場で、モバイル・マネーが本当に必要なのか?という声も聞く。

Apple Payだけを見たら、利益をまったく生んでいないのではないだろうか?

2017-08-08---中国で、スマホ決済「2強」が激突!

Related Dates