2017年08月07日

ジュラ紀に生息していたワニに、イギリスのバンドから「レミーのワニ」と命名。

超過去自然人物音楽

AFPは2017年08月09日に、音楽好きのイギリス科学者チームが2017年08月09日に、ジュラ紀の海に生息していたワニを、イギリスの伝説的ヘビーメタルバンド「モーターヘッド(Motorhead)」のリーダーで、2015年に死去した「レミー(Lemmy)」ことイアン・キルミスター(Ian Kilmister)にちなみ「Lemmysuchus(レミスクス)」と命名したことを明らかにしたと報告した。

なぜか、ドイツの一流雑誌や新聞が、この情報を取り上げている。

ラテン語で「レミーのワニ」と名付けられたこのワニは、体長約5.8mで頭蓋骨は1m以上に達したと考えられている。既に絶滅し、今日のイリエワニ(入江鰐/Crocodylus porosus)に似ているが、その関係は遠縁でしかない。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

イギリスのロンドン(London)の自然史博物館(Natural History Museum)の研究者らは「当時、海辺にいた最大級の捕食動物だったと思われる」としている。

The Linnean Society of London, Zoological Journal of the Linnean Societyによれば、「レミスクス」の化石は20世紀初頭1909年にイングランド(England)のピーターバラ(Peterborough)で発掘されていたが、最近の再調査で、同じくこの地域から見つかった、やはり海に生息していた別のワニとひとくくりにされていたことが明らかになった。そして、「レミスクス」が固有のグループに属していることが分かり、新しい学名が必要になったのだという。

Re-description of ‘Steneosaurus’ obtusidens Andrews, 1909, an unusual macrophagous teleosaurid crocodylomorph from the Middle Jurassic of England
Michela M. Johnson
Mark T. Young
Lorna Steel
Davide Foffa
Adam S. Smith
StÉphane Hua
Philipe Havlik
Eliza A. Howlett
Gareth Dyke
Zoological Journal of the Linnean Society, zlx035, https://doi.org/10.1093/zoolinnean/zlx035
Published: 07 August 2017

命名をめぐってチームは、「自然史博物館学芸員のローナ・スティール(Lorna Steel)が、お気に入りのバンドの消滅をいまだに悲しんでおり、(ワニは)彼女の音楽的英雄にちなんで命名されるべきとの提案がなされた。」と述べ、また「レミーは2015年に死去したけれど、この史上最も狂暴な海洋生物であるレミスクスにきっと乾杯のグラスを上げたでしょう。そう考えたい。」とのスティールの言葉を明らかにした。

イングランド(England)のピーターバラ(Peterborough)の緯度、経度
52°35'00.0"N 0°15'00.0"W
または、
52.583333, -0.25

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告