gaYa広告

2017年08月07日

ジュラ紀に生息していたワニに、イギリスのバンドから「レミーのワニ」と命名。

超過去自然人物音楽

AFPは2017年08月09日に、音楽好きのイギリス科学者チームが2017年08月09日に、ジュラ紀の海に生息していたワニを、イギリスの伝説的ヘビーメタルバンド「モーターヘッド(Motorhead)」のリーダーで、2015年に死去した「レミー(Lemmy)」ことイアン・キルミスター(Ian Kilmister)にちなみ「Lemmysuchus(レミスクス)」と命名したことを明らかにしたと報告した。

なぜか、ドイツの一流雑誌や新聞が、この情報を取り上げている。

ラテン語で「レミーのワニ」と名付けられたこのワニは、体長約5.8mで頭蓋骨は1m以上に達したと考えられている。既に絶滅し、今日のイリエワニ(入江鰐/Crocodylus porosus)に似ているが、その関係は遠縁でしかない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

イギリスのロンドン(London)の自然史博物館(Natural History Museum)の研究者らは「当時、海辺にいた最大級の捕食動物だったと思われる」としている。

The Linnean Society of London, Zoological Journal of the Linnean Societyによれば、「レミスクス」の化石は20世紀初頭1909年にイングランド(England)のピーターバラ(Peterborough)で発掘されていたが、最近の再調査で、同じくこの地域から見つかった、やはり海に生息していた別のワニとひとくくりにされていたことが明らかになった。そして、「レミスクス」が固有のグループに属していることが分かり、新しい学名が必要になったのだという。

Re-description of ‘Steneosaurus’ obtusidens Andrews, 1909, an unusual macrophagous teleosaurid crocodylomorph from the Middle Jurassic of England
Michela M. Johnson
Mark T. Young
Lorna Steel
Davide Foffa
Adam S. Smith
StÉphane Hua
Philipe Havlik
Eliza A. Howlett
Gareth Dyke
Zoological Journal of the Linnean Society, zlx035, https://doi.org/10.1093/zoolinnean/zlx035
Published: 07 August 2017

命名をめぐってチームは、「自然史博物館学芸員のローナ・スティール(Lorna Steel)が、お気に入りのバンドの消滅をいまだに悲しんでおり、(ワニは)彼女の音楽的英雄にちなんで命名されるべきとの提案がなされた。」と述べ、また「レミーは2015年に死去したけれど、この史上最も狂暴な海洋生物であるレミスクスにきっと乾杯のグラスを上げたでしょう。そう考えたい。」とのスティールの言葉を明らかにした。

イングランド(England)のピーターバラ(Peterborough)の緯度、経度
52°35'00.0"N 0°15'00.0"W
または、
52.583333, -0.25

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。