1867-08-07

デンマーク系ドイツ人画家エミール・ノルデが生まれた。

人物アート戦争と平和

ArtDailyは2021年08月07日に、ドイツの画家で版画制作者であったエーミール・ノルデ(Emil Nolde/
Hans Emil Nolde (Hansen)/1867 - 1956)は1867年08月07日にプロイセン王国(Königreich Preußen)領であったシュレースヴィヒ公国(Hertugdømmet Slesvig/Herzogtum Schleswig)ブルカル(Burkal/Buhrkall)のドイツとデンマークも国境近くのトンダーン(Tønder)近郊の町ノルデ(Norde/北)現在のデンマーク)で、農民であったニールス・ハンセン(Niels Hansen/1831 - 1891)と、彼の妻ハンナ・クリスティン(Hanna Christine Hansen/1830 - 1902)の子エミール・ハンセン(Emil Hansen)として、生まれたと報告した。

エーミール・ノルデの兄弟は、
兄のハンス・ハンセン(Hans Hansen/1858 - ?)
兄のクリスチャン・ジェッセン・ハンセン(Christian Jessen Hansen/1859 - ?)
弟ののピーター・ニコライ・アントン・ハンセン(Peter Nicolaj Anton Hansen/? - ?)
弟レオンハルト・カール・ハンセン(Leonhardt Carl Hansen/? - ?)
妹のヘレネ・カトリーヌ・クリスティン・ハンセン(Helene Cathrine Christine Hansen/? - ?)

彼は17歳で、フレンスブルクのザウアーマン家具工場および木彫り学校(Sauermann furniture factory and wood-carving school in Flensburg)で、木材彫刻家および製図工として見習いを始めた。

ドイツでは、ミュンヘン(München)とカールスルーエ(Karlsruhe)の家具工場で木材彫刻家として働き、そこで応用芸術学校にも通い、密かに図形描画のクラスを受講した。

1890年まで、ベルリンの家具工場に就職し、父親が亡くなるまでそこで働いた。

1892–1897年には、ザンクトガレン工芸美術館(St. Gallen museum of industrial arts)で、工業製図とモデリングを専門とする教師になった。

フランツシュタック(Franz Stuck)の下で、ミュンヘンアカデミー(München Academy)への彼の申請は却下された。
そこで彼はフリードリヒフェールの絵画学校(Friedrich Fehr’s painting school)に通い、その後ダッハウのヘルツェル学校(Hölzel school in Dachau)に転向した。1899年に彼はパリに旅行し、そこで彼はアカデミージュリアン(Académie Julian)に出席し、ルーヴル美術館(Louvre)で彼自身の研究を行った。

彼は1902年02月に結婚したデンマークの若手女優エイダ・ヴィルストラップ(Ada Vilstrup)との活発なやり取りを続けた。
結婚式の後、彼はハンセンという名前をやめて、彼の出身地であるノルデの名前を採用した。夫妻は当初ベルリンに住んでおり、夏の1週間をユトランド半島(Jutland)で過ごした。秋に彼らはフレンスブルク(Flensburg)に引っ越した。

彼は表現主義者「ディ・ブリュッケ(Die Brücke)」の最初のメンバーのうちの1人であり、20世紀の偉大な油彩と水彩画家のうちの1人であると考えられる。

ベルリンでエドヴァルド・ムンク(Edvard Munch)に会い、1908年、彼はイエナ近くのコスペダ(Cospeda near Jena)にいた友人のハンス・フェール(Hans Fehr)を訪れ、そこで水彩画技法の楽しみを発見した。
彼はベルリン分離派のメンバー(member of the Berlin Secession)になった。

彼は、色の彼の精力的な画法および表現的な選択のために知られている。

金色の黄色と深い赤は、頻繁に彼の作品に出現し、違った形で薄暗いトーンに、発光する品質を与えた。

彼の水彩画は、鮮明で、気味の悪い嵐、花茎と素晴らしい花模様を含んでいた。

画家エミール・ノルデについて語る時、ナチスとのことを語らなくてはならない。

ノルデは1920年代初頭からナチス党を支持し、デンマーク支部に所属していた。ノルデは、ユダヤ人芸術家に対して反ユダヤ主義的な否定的意見を述べ、表現主義はゲルマン的なスタイルであると考えていた。
この考え方は、ジョセフ・ゲッベルス(Joseph Goebbels)やフリッツ・ヒプラー(Fritz Hippler)などのナチス党員にも共有されていた。.

しかし、ヒトラーはすべてのモダニズムを「退廃芸術(degenerate art)」として否定し、ナチス政権はノルデの作品を公式に非難したのである。それまで、ノルデはドイツ国内で非常に高い評価を受けていた。
1937年に開催された「退廃芸術展(the Degenerate Art exhibition of 1937)」では、ノルデの抗議にもかかわらず、いくつかの作品が展示された(後にウィーンのナチス・ゴーライター(Nazi gauleiter in Wien)、バルドル・フォン・シーラッハ(Baldur von SchiracBaldur von Schirac)に個人的に訴えたこともある。1941年以降、彼はプライベートでも絵を描くことができなくなった。しかし、この期間に彼は何百枚もの水彩画を描き、それを隠した。彼はそれらを「未塗装の絵(Unpainted Pictures)」と呼んだ。

1942年に、ノルデは「シルバー・ブルー、スカイ・ブルー、サンダー・ブルーがある。どの色にも魂が宿っていて、それが私を喜ばせたり、反発させたり、刺激となって作用する。
芸術を持たない人間にとって、色は色、色調は色調...それだけだ。天国から地獄まで、人間の精神に対するすべての影響は、ただ気づかれないだけである。」と書いている。

今回公開された作品は、エーミール・ノルデが1942年に描いたGrosser Mohn (Rot, Rot, Rot)大きなケシ(赤、赤、赤)。キャンバスに油彩。73.5x89.5cm
© Nolde Stiftung Seebüll(ドイツのゼービュールにあるノルデ財団)

ArtDailyで2017年08月07日公開された写真は、メディアのメンバーは、パリのグランド・パレス(Grand Palais in Paris)で、2008年09月24日水曜日に開催された展覧会で、ドイツのアーティストエーミール・ノルデによる絵画のうちのいくつかを見ることができた時のスナップである。

左の絵画は「Leute Im Dortkrug(戦場での人々)」、(ビレッジホテル)。

Emil Nolde 1867-1956
Maler, Graphiker

1867---7. August: Hans Emil Nolde (eigtl.: Hansen) wird in Nolde (Schleswig) als Sohn eines Bauern geboren.

1884-1888---Lehre als Schnitzer und Möbelzeichner in Flensburg.

1888---Nolde arbeitet in verschiedenen Möbelwerkstätten in München und Karlsruhe, wo er auch Abendkurse an der Kunstgewerbeschule besucht.

1889---Arbeit in einer Berliner Möbelwerkstatt.

1892---Lehrer für ornamentales Zeichnen und Modellieren an der Kunstgewerbeschule in St. Gallen (Schweiz).
Es entstehen erste Landschaftsaquarelle und Zeichnungen personifizierter Berge, von denen einige in der Zeitschrift "Jugend" veröffentlicht werden. Dieser Erfolg ermöglicht es ihm, als freischaffender Maler zu leben.

1898---Besuch privater Malschulen in München und Dessau, nachdem Franz von Stuck seine Aufnahme in die Münchener Akademie abgelehnt hat.

1899---Besuch der Académie Julian in Paris.

1901---Er zieht nach Berlin und wird Mitglied der dortigen "Secession".

1902---Heirat mit der Schauspielerin Ada Vilstrup.

ab 1903---Nolde verbringt die Sommer auf der Insel Alsen. Hier wird die Farbgebung seiner Bilder heller und intensiver.

1905---Die Radierfolge "Phantasien" bildet den Anfang seines graphischen Werks.

1906---Ausstellung in der Galerie Arnold in Dresden. Dabei lernt Nolde die Künstler der "Brücke" kennen und schließt sich ihnen auf Bestreben Karl Schmidt-Rottluffs für ein Jahr an.
Sein Malstil verändert sich unter dem Einfluß der "Brücke"-Künstler. Unter Verwendung expressiver Farben wird er einfacher, flächiger und formbetonter. Farbe wird zu seinem eigentlichen Ausdrucksmittel.

1909---Er zieht sich nach Ruttebüll (Schleswig) zurück, wo eine Reihe von Bildern religiösen Inhalts entsteht.

1911---Die Berliner "Secession" weist Noldes Bilder und die anderer Expressionisten ab. Aufgrund der daraus resultierenden Kontroverse mit Max Liebermann wird Nolde aus der "Secession" ausgeschlossen und tritt der "Neuen Secession" bei.
Theateraquarelle nach Aufführungen von Max Reinhardt am Deutschen Theater.

1912---Das neunteilige Werk "Das Leben Christi" wird auf der "Ausstellung für religiöse Kunst" in Brüssel wegen des Protests der Kirche zurückgewiesen. Nolde lernt Alexej Jawlensky kennen.

1913/14---Teilnahme an einer Expedition des Reichskolonialamts nach Neu-Guinea. Nolde ist auf der Suche nach menschlichen Urzuständen und hält die Reise und seine Erfahrungen in vielen Aquarellen fest.

1926---Übersiedlung nach Seebüll (Nordfriesland).

1931---Mitglied der Preußischen Akademie der Künste.
Noldes erste autobiographische Schrift "Das eigene Leben" erscheint.

1934---Als dänischer Staatsbürger wird Nolde Mitglied der Nationalsozialistischen Arbeitsgemeinschaft Nordschleswig (NSAN), die im folgenden Jahr mit der Nationalsozialistischen Deutschen Arbeiterpartei (NSDAP) "gleichgeschaltet" wird.

1937---Trotz Noldes Mitgliedschaft in der NSDAP werden seine Arbeiten als "entartete Kunst" diffamiert. Nach der gleichnamigen Ausstellung werden 1.052 seiner Werke aus deutschen Museen beschlagnahmt.

1938-1945---Aufgrund eines 1941 verhängten Malverbots muß Nolde seine Bilder verstecken und fertigt vorwiegend kleinformatige Aquarelle, die er seine "ungemalten Bilder" nennt.

1946---Tod seiner Frau.

1948---Heirat mit Jolanthe Erdmann.

1952---Berufung in die Friedensklasse des Ordens "Pour le Mérite".

1956---13. April: Emil Nolde stirbt in Seebüll.

ブルカル(Burkal/Buhrkall)の緯度、経度
54°55'02.0"N 9°04'12.0"E
または、
54.917222, 9.070000

2015-08-19---ヒトラーが愛した画家Rudolf von Alt。
2015-03-06---オーストリアは、ナチにより略奪されたクリムト帯状彫刻装飾の返却に反対。
2014-03-26---ナチが盗んだアートを蓄える孤独なコーニーリアス・グルリット。
2013-11-06---なぜヒトラーは、退化した芸術として、modernismを嫌ったか?
2013-11-05---ナチのアート埋蔵品は、法律問題に発展した。
2013-11-03---ミュンヘンのアパートで、ナチス略奪絵画1500点を発見。
2013-05-17---ヒトラーの影の中で見られた、ドイツの20世紀アート。
2012-02-27---アドルフ・ヒトラーによって所有されていた16枚の絵画を発見!
1937-07-19---ミュンヘンでナチスが「退廃芸術展」を開催。

Related Sites