gaYa広告

2017年08月01日

xPressTap、オーストラリアでモバイル決済用「Tap2App」の供給を開始。

モバイル・マネー

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年08月04日に、オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(The Australian Financial Review)が2017年08月01日に伝えた情報として、米国の新興企業エクスプレスタップ(xPressTap)は近く、世界に先駆け、オーストラリアでモバイル決済用のアプリ「Tap2App」の供給を開始する計画を報告した。

従来のエフトポス(Eftpos)や米国のスクエア(Square)の決済サービスと異なり、専用のターミナルや読み取り機を必要としないで、スマートフォン(スマホ)やタブレットにインストールするだけで使用できるのが特徴という。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

「Tap2App」は、NFC(near field communication/近距離無線通信)機能を利用し、スマホやタブレットをモバイル決済用の端末として利用。同アプリの使用により、小売店の加盟店手数料は最大で25%引き下げられるという。

エクスプレスタップの創業者のジョー・リナム(Joe Lynam)は、オーストラリアで最初に「Tap2App」を導入する理由について、米国などに比べ、非接触型カードが広く浸透しているためと説明している。

イギリスの調査会社ジュニパーリサーチによれば、スマホやタブレットを利用したmPOSによる決済は、2021年までに世界の小売り決済の約20%に達し、決済額はUS$2兆3,000億(約253兆3,000億円)に上ると予測している。

「Tap2App」は、米国のアメリカン・エキスプレス(American Express)や中国銀聯(China UnionPay)、米国ディスカバー(Discover)、米国マスターカード(Master Card)、米国ビザ(VISA)などの非接触型決済システムに対応している。エクスプレスタップはオーストラリアの4大銀行の1つと提携契約を結んでいるが、正式発表まで行名は公表できないとしている。

エクスプレスタップは、1年以内に少なくとも世界の4つの市場に「Tap2App」を導入し、18〜24カ月内には米国でも立ち上げたい考えを示している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告