2017年08月01日

パキスタンのタリバン系組織、聖戦参加呼び掛ける女性向け雑誌創刊。

戦争と平和性とメディア

AFPは2017年08月02日に、パキスタンのイスラム武装勢力「TTP(Tehrik-i-Taliban Pakistan/パキスタンのタリバン運動)」が、読者に武装組織への加入とジハード(聖戦)参加を促すことが狙いとみられている初の女性向け雑誌を創刊したと報告した。

「Sunnat E Khaula」と名付けられたこの雑誌の創刊号は、全身にベールをまとった女性が表紙となっている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

誌面ではTTPのファズルッラー・コラサニ(Fazlullah Khorasani)指導者の妻がインタビューに答え、自身が14歳の時に結婚したことについて話をしている。

女性は「なぜ児童婚に関する非難が起きるのか」と疑問を呈し、「成長した少年や少女があまりに長い間未婚でいると、社会のモラルを破壊する元凶となり得ることを私たちは理解しなければならない。」と語っている。

また冒頭の社説には、「われわれはイスラム教徒の女性たちが進み出て、ムジャヒディン(Mujahideen/聖戦士)の位に加わるよう呼び掛けたい。」とある。

社説では他にも「自宅でひそかに集会を催し、同じ考えを持つ女性聖戦士を呼び集めよ!」「ジハードの義務について書かれた書物を配り、身体トレーニングを用意せよ。手投げ弾の使い方を学べ!」などとも呼び掛けていると伝えている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。