on-the-time.jp

2017年08月01日

パキスタンのタリバン系組織、聖戦参加呼び掛ける女性向け雑誌創刊。

戦争と平和性とメディア

AFPは2017年08月02日に、パキスタンのイスラム武装勢力「TTP(Tehrik-i-Taliban Pakistan/パキスタンのタリバン運動)」が、読者に武装組織への加入とジハード(聖戦)参加を促すことが狙いとみられている初の女性向け雑誌を創刊したと報告した。

「Sunnat E Khaula」と名付けられたこの雑誌の創刊号は、全身にベールをまとった女性が表紙となっている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

誌面ではTTPのファズルッラー・コラサニ(Fazlullah Khorasani)指導者の妻がインタビューに答え、自身が14歳の時に結婚したことについて話をしている。

女性は「なぜ児童婚に関する非難が起きるのか」と疑問を呈し、「成長した少年や少女があまりに長い間未婚でいると、社会のモラルを破壊する元凶となり得ることを私たちは理解しなければならない。」と語っている。

また冒頭の社説には、「われわれはイスラム教徒の女性たちが進み出て、ムジャヒディン(Mujahideen/聖戦士)の位に加わるよう呼び掛けたい。」とある。

社説では他にも「自宅でひそかに集会を催し、同じ考えを持つ女性聖戦士を呼び集めよ!」「ジハードの義務について書かれた書物を配り、身体トレーニングを用意せよ。手投げ弾の使い方を学べ!」などとも呼び掛けていると伝えている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。