on-the-time.jp

2017年08月01日

ハウステンボスで、バンジージャンプの命綱が切れた!

犯罪と裁判

毎日新聞は、長崎県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボスで2017年08月01日午後5時25分ごろ、遊具のバンジージャンプで、37歳の福岡県古賀市の男性公務員が20mの高さから飛び降りた際、体をつるす命綱のワイヤロープの部分が切れて地上に転落した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

高さ約1.7mのエアマット上に落下し、はずんで地面に落ちて右肩を打撲する軽傷を負った。

長崎県警早岐署が原因を調べている。

長崎県警早岐署によると、命綱はジャンプ台とつなぐ部分が金属製のワイヤロープで、途中はゴム製ロープになっており伸縮する。

男性が飛び降りた後、命綱が縮んでいったん体が浮き上がった時にワイヤロープが切れた。男性は家族と一緒に遊びに来ていたという。

生きた心地がしない!

ハウステンボス社によると、バンジージャンプの遊具は2015年10月に導入し、月に2000〜3000人が利用している。

2017年05月に定期点検し、営業の前後にも目視でロープの摩耗などを確認しているが、異常はなかったという。

ハウステンボス社は2017年08月02日からバンジージャンプの利用を中止する。
経営企画室は「お客様がけがをされ、危険な目に遭わせてしまい申し訳ない。原因究明と再発防止に努めたい」としている。

長崎県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボスの緯度、経度
33°05'09.4"N 129°47'23.6"E
または、
33.085936, 129.789883

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト