gaYa広告

2017年08月01日

ハウステンボスで、バンジージャンプの命綱が切れた!

犯罪と裁判

毎日新聞は、長崎県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボスで2017年08月01日午後5時25分ごろ、遊具のバンジージャンプで、37歳の福岡県古賀市の男性公務員が20mの高さから飛び降りた際、体をつるす命綱のワイヤロープの部分が切れて地上に転落した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

高さ約1.7mのエアマット上に落下し、はずんで地面に落ちて右肩を打撲する軽傷を負った。

長崎県警早岐署が原因を調べている。

長崎県警早岐署によると、命綱はジャンプ台とつなぐ部分が金属製のワイヤロープで、途中はゴム製ロープになっており伸縮する。

男性が飛び降りた後、命綱が縮んでいったん体が浮き上がった時にワイヤロープが切れた。男性は家族と一緒に遊びに来ていたという。

生きた心地がしない!

ハウステンボス社によると、バンジージャンプの遊具は2015年10月に導入し、月に2000〜3000人が利用している。

2017年05月に定期点検し、営業の前後にも目視でロープの摩耗などを確認しているが、異常はなかったという。

ハウステンボス社は2017年08月02日からバンジージャンプの利用を中止する。
経営企画室は「お客様がけがをされ、危険な目に遭わせてしまい申し訳ない。原因究明と再発防止に努めたい」としている。

長崎県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボスの緯度、経度
33°05'09.4"N 129°47'23.6"E
または、
33.085936, 129.789883

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告