on-the-time.jp

2017年07月26日

エルサレムのバビロニアによる破壊の証拠を、ダビデの町で見つけた!

超過去宗教戦争と平和

ArtDailyは、エルサレム旧市街の近く、ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park near Jerusalem's Old City)のサイトで、発掘プロジェクトのディレクターであるIAA(the Israel Antiquities Authorityイスラエル古代遺跡権限)のジョー・ウジール(Joe Uziel)は、陶器でできた数個の頭を発掘し、最近バビロニア人によるエルサレムの破壊の証拠として、確実にしたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

2,600年より前まで遡る時代になっている構造は、炭化した木材、ブドウの種、陶器、魚の鱗、骨、穀物や液体を保管するのに役立った数十の保存用壷を含むユニークで、まれな人工物などの多くの発見を明らかにしている石の崩壊したレイヤーによりすっぽり覆われた後に発掘された。

このことは、聖書にも登場し、レバノンなどで多く語られて来たとことである。

歴史的に語られ、まだ発掘されていないものが、無数にある。
そのどれも、見つかれば大発見になる!

しかし、無数に未発掘の場所が残っている。

ここからレバノンのトリポリまでは、戦場であった。

ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park)の緯度、経度
31°46'25.0"N 35°14'08.0"E
または。
31.773611, 35.235556

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。