on-the-time.jp

2017年07月26日

エルサレムのバビロニアによる破壊の証拠を、ダビデの町で見つけた!

超過去宗教戦争と平和

ArtDailyは、エルサレム旧市街の近く、ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park near Jerusalem's Old City)のサイトで、発掘プロジェクトのディレクターであるIAA(the Israel Antiquities Authorityイスラエル古代遺跡権限)のジョー・ウジール(Joe Uziel)は、陶器でできた数個の頭を発掘し、最近バビロニア人によるエルサレムの破壊の証拠として、確実にしたと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

2,600年より前まで遡る時代になっている構造は、炭化した木材、ブドウの種、陶器、魚の鱗、骨、穀物や液体を保管するのに役立った数十の保存用壷を含むユニークで、まれな人工物などの多くの発見を明らかにしている石の崩壊したレイヤーによりすっぽり覆われた後に発掘された。

このことは、聖書にも登場し、レバノンなどで多く語られて来たとことである。

歴史的に語られ、まだ発掘されていないものが、無数にある。
そのどれも、見つかれば大発見になる!

しかし、無数に未発掘の場所が残っている。

ここからレバノンのトリポリまでは、戦場であった。

ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park)の緯度、経度
31°46'25.0"N 35°14'08.0"E
または。
31.773611, 35.235556

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。