2017-07-26

エルサレムのバビロニアによる破壊の証拠を、ダビデの町で見つけた!

超過去宗教戦争と平和

ArtDailyは、エルサレム旧市街の近く、ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park near Jerusalem's Old City)のサイトで、発掘プロジェクトのディレクターであるIAA(the Israel Antiquities Authorityイスラエル古代遺跡権限)のジョー・ウジール(Joe Uziel)は、陶器でできた数個の頭を発掘し、最近バビロニア人によるエルサレムの破壊の証拠として、確実にしたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

2,600年より前まで遡る時代になっている構造は、炭化した木材、ブドウの種、陶器、魚の鱗、骨、穀物や液体を保管するのに役立った数十の保存用壷を含むユニークで、まれな人工物などの多くの発見を明らかにしている石の崩壊したレイヤーによりすっぽり覆われた後に発掘された。

このことは、聖書にも登場し、レバノンなどで多く語られて来たとことである。

歴史的に語られ、まだ発掘されていないものが、無数にある。
そのどれも、見つかれば大発見になる!

しかし、無数に未発掘の場所が残っている。

ここからレバノンのトリポリまでは、戦場であった。

ダビデの町考古学公園(the City of David archeological park)の緯度、経度
31°46'25.0"N 35°14'08.0"E
または。
31.773611, 35.235556

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE