gaYa広告

2017年07月17日

サムスンは、PayPal社との取引でトランザクション・オプションを押し上げる。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Samsung Payは、トランザクションが、それ自身のappユーザーのためのオンライン購入を弱める間、PayPal資金を使って貯蔵可能にされることを可能にするために、PayPalとの戦略的な協定にサインした。

サムスンのサービスは、ステートメントにおいて、その他の市場に拡大される前に、最初、米国で入手可能であると確認されたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この取引により、Samsung Payの顧客の一部として、PayPalのブレーントリー(Braintree.)からのテクノロジーを使って補助的な多くのオンライン店から商品でapp中で代金を払うことができる。

このタイアップは、2社間の一連の協力において最新のものである。

PayPalは、現在、韓国のメーカーのスマートテレビでトランザクションとして認められる。
2社はまた、2014年に指紋支払い認証テクノロジー(fingerprint payment authentication technology)においていっしょに働いた。

PayPalの最新の協定は、Googleと2017年04月18日にAndroid Payの受容を可能にするために移植されたものと同様である。

サムスンは、タイアップを議論するブログにおいて PayPal EVPで、COOのビル・レディー(Bill Ready)は、「このパートナーシップは、それらのお金を管理し、動かすために、消費者がそれらの電話にますます向かうといっそう可動の文脈を横切って私達の相互の顧客が支払うことを可能にする。PayPalで私達が見たことで、モバイルへの主要なシフト。」
「昨年だけ、PayPalは、モバイルの支払いボリュームで20億回のモバイル支払いトランザクションと、US$1020億を処理した。このパートナーシップは、私達の顧客に、モバイルでほとんどどこにでも消費者に支払う能力を与えるクレジットカードを読み取ることができるか、使うことができる。」と言っていた。

処理した金額ではなく、知りたいのは、投資金額と、利益である。

2017-04-18---GoogleとPayPalが、Android Payでタイアップした。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告