on-the-time.jp

2017年07月18日

「くまのプーさん」に続き、「ジャイアン」も中国で検索不能!

人物

朝日新聞デジタルは2017年07月18日に、中国内のSNS上で「くまのプーさん」が検索できなくなり、ネット上で騒ぎになっていたが、その後、「こっちも似ている」とドラえもんのキャラクター「ジャイアン」も検索できなくなったと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

「ジャイアン」の中国名は、胖虎(パンフー)で、太った虎の意味があり、空き地に友人を集め、無理やり下手な歌を聴かせる画像が投稿され、「こっちも似ている」ということか、2017年07月18日には「胖虎」の画像もほぼ検索できなくなっていると伝えている。

こうした画像は習主席を直接批判しているわけではないが、習主席が共産党の「核心」と呼ばれるようになり、秋の党大会に向けて権威強化を図っている時期だけに、宣伝当局が指導者としてのイメージ低下を心配したとみられると書いている。

2017-07-17---中国のネットで「くまのプーさん」の意味。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト