on-the-time.jp

2017-07-18

米国のオバマケア代替法案、与党造反4人で絶望的!

政治健康

毎日新聞は2017年07月18日に、米国与党共和党のランド・ポール(Randal Howard "Rand" Paul)上院議員とスーザン・コリンズ(Susan Margaret Collins)上院議員に加え、マイク・リー(Mike Lee)上院議員とジェリー・モラン(Jerry Moran)上院議員が2017年07月17日に、「医療保険制度改革(俗称:オバマケア/Obamacare)代替法案(Heavy Health-Care)」に反対する意向を明らかにした。

法案可決には造反を2人以内に抑える必要があるが、既に反対を表明していた2議員と合わせて計4人となり、可決は絶望的となった。

[AD] You can advertise on this site.

オバマケア見直しはドナルド・トランプ(Donald Trump)米国大統領が昨年の大統領選で公約した最重要政策の一つで、実現に失敗すれば、政権は大きな痛手を被る。法案の採決は24日以降に予定されているが、可決が見込めなくなった。

トランプ米大統領は2017年07月17日に、Twitterへの投稿で「共和党は、オバマケアを単に撤廃し、白紙の状態から新たな医療保険制度を作り出すべきだ。そうすれば民主党も参加する.」と呼びかけた。

ミッチ・マコーネル(Addison Mitchell "Mitch" McConnell, Jr.)共和党院内総務は、数日以内にオバマケア撤廃に向けた法案の採決を試みる考えを示した。

一方、手術を受けて静養中の共和党重鎮のジョン・マケイン(John Sidney McCain III)上院議員は、声明を発表し、米国民に質が高く手の届く医療保険制度を提供するため、超党派で取り組んでいくべきだとの考えを示した。

共和党は、2017年08月の議会休会前にオバマケア代替法案をまとめ、2017年09月から税制改革など他の主要政策関連法案に着手したい意向。上院のシューマー(Charles Ellis "Chuck" Schumer)民主党院内総務も、マケイン議員同様に超党派での取り組みに言及している。

それでも痩せない!

政治家はタフが求められる!

2017-07-15---米国共和党、オバマケア代替案の上院採決延期。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.