on-the-time.jp

2017年07月12日

日本の3社、地方の農産物輸出で提携!

経済モバイル・マネー

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年07月13日に、日本航空(JAL)、和歌山県和歌山市の農業総合研究所、東京都港区の世界市場の3社は2017年07月12日に、日本からの農産物の輸出拡大と日本の地方発農産物の取引拡大を目的に連携すると発表した。

2017年08月から香港地場のスーパーマーケットで日本の農産物の販売を始める。3社の連携で物流効率が上がり、コスト削減が見込めるという。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

農業総合研究所は、日本の生産者とスーパーマーケットをITで直接つなぐ情報、物流、決済のプラットフォーム「農家の直売所」を展開する。

一方、農業総合研究所の孫会社の世界市場は同プラットフォームをベースにした海外版「NIPPON ICHIBA(ニッポン・イチバ)」を運営している。

3社は今回、「NIPPON ICHIBA」を通じて日本の地域活性化で協力する。

その第一弾として、2017年08月から、農業総合研究所の本社所在地の和歌山県と北海道にある集荷拠点で集めた農産物を、香港の日本式百貨店「一田百貨(YATA)」のスーパーマーケットや百佳(パークンショップ)などで販売する。

JALの航空網利用を求めた世界市場、農業総合研究所と、地方創生に向けて一次産品の販路を拡大できないか模索していたJALの思惑が一致し、今回の連携に至った。

商流の一元管理や中間マージンの節約などで生産者の収益拡大につながることが期待されている。

世界市場の担当者は、「JALが国内に持つ支店網を活用して、地方からのニーズをくみ取ることも可能になる」と説明した。

香港では販売先をさらに広げるほか、台湾への展開も検討しているという。

いっそのこと、日本のお祭りも輸出しますか〜
本物が見たければ、日本にお出で!

もう、なんでもあり!

和歌山には大金持ちの山林王がいる!ユニバーサル・スタジオを持って来たのも和歌山の大金持ちの山林王!

その大金持ちは、和歌山の檜で勝負する!
なにしろ!バックは高野山の弘法太子が付いている!

昔、大阪のスプーンの田中が生きている頃、企画に参加するように要請を受けたことがある。
全て、桁外れである。

2017-07-05---日欧EPAの大枠合意!関税撤廃品目9割強。
2017-06-05---青森リンゴを4トン、ラマダン贈答用に輸出。
2017-05-22---途上国にも配慮し、アジアFTA会合「妥結の緊急性」を確認。
2017-05-01---日本産のイチゴ、香港で一粒2400円!
2017-02-07---中国の王毅外相、米中、対立する余裕はない。
2017-01-20---大統領就任演説直後、TPP離脱方針発表!
2016-11-10---米国抜きのTPP発効はありえるのか!?
2015-10-05---TPP、大筋合意。
2013-12-07---WTOは、US$1兆の世界貿易取引に合意。
2013-03-22---どうなる?日本とTPP。
2013-03-14---TPP:それは何ですか?なぜそれは重要ですか?
2011-11-28---世界中で自由貿易協定(FTA)の締結を加速している。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。