2017年07月12日

ニューヨークは、ネズミ駆除に36億円投入!

健康

つまり、ニューヨークのネズミは36億円の価値!

AFPは2017年07月13日に、米国のニューヨーク(New York)は2017年07月12日に、大量のネズミ駆除のための新たな取り組みとして、US$3200万(約36億円)を投じると発表したと報告した。

新たな取り組みには、ネズミが侵入できないごみ箱の導入や、ごみに関する規制の強化などが含まれているという。

米国の金融・文化の中心地ニューヨークで暮らす人びとにとって、地下鉄の線路や路上に投棄されたごみ袋の回りを日々走り回るネズミたちは日常生活の脅威となっており、同市における最も不快な一面にもなっている。

中世の黒死病(Pest/plague)は、ネズミで始まった!

そして、デカメロンは、死の快楽を紹介した!

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

1842年にニューヨークを訪れたイギリス作家チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens)もネズミへの不満を漏らしていたというが、現代でもそれはあまり変わっておらず、昨年、衛生当局に寄せられたネズミに関する苦情は3万1362件に上ったという。

新たな駆除の取り組みが実施されるのはマンハッタン(Manhattan)地区のチャイナタウン(Chinatown)、イーストビレッジ(East Village)、ローワー・イーストサイド(Lower East Side)、ブロンクス(Bronx)地区のグランドコンコース(Grand Concourse)周辺、ブッシュウィック(Bushwick)地区、ブルックリン(Brooklyn)地区のベッドフォード・スタイベサント(Bedford-Stuyvesant)。

既存の駆除計画と平行して行われ、ネズミのエサを奪うことで対象地域のネズミの70%を駆除することを目指しているという。

予算は、ネズミを侵入させないごみ箱の設置をはじめ、公営住宅地階の土床のコンクリートへの変更、ごみ収集の増加、大規模ビルにおける収集直前のごみ出しを徹底させることなどに使われる。

また、民間事業者によるごみの不法投棄に対する罰金もUS$1500(約17万円)からUS$5000(約56万円)に引き上げられ、複数違反の罰金は最大US$2万(約230万円)に引き上げられる。

そのくせ米国のサンフランシスコ(San Francisco)は、ミッキーマウスやトムとジェリーのようなネズミ崇拝信仰が根付いている。
米国の国民は、金持ちの矛盾が蔓延し、哲学が存在しない。

以前、Wikipediaが問題を哲学的に解決すると言っていたが、解決できなかった。
哲学が存在しないアメリカに、解決できるわけがない!

米国はなぜ黒死病を根絶できなかったか?
ディズニーが、ミッキーマウスを英雄にしたから!

「黒死病」が再来するかもしれないと研究が警告。
当たり前だ!ディズニーが、世界でデズニーランドをオープンしている。

そんなことは、ノストラダムスでなくても予測できる!

2017-07-03---米国で、「ネズミ・カフェ」オープン!?
2015-12-15---ノストラダムスから、11回の衝撃的な予測。
2015-10-15---米国はなぜ黒死病を根絶できなかったか?
2014-01-28---腺ペストは再び襲うことができるか?
2013-08-27---キルギスタンで15歳の牛飼いは、腺ペストで死亡。
2013-07-26---ロサンジェルス公園で、黒死病か?
2013-03-16---「黒死病」が再来するかもしれないと研究が警告。
1867-12-02---チャールズ・ディケンズがニューヨークの米国読書会で講演した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告