on-the-time.jp

2017年07月12日

安売り規制で、1〜6月にビール系飲料出荷が過去最低。

食品

日本経済新聞 電子版は、ビール大手5社が2017年07月12日に発表した1〜6月のビール系飲料の課税済み出荷量は、前年同期比1.3%減の1億9025万ケース(1ケースは大瓶20本換算)だったと報告した。

上期としては5年連続で過去最低を更新した。消費者の嗜好の多様化に加え、6月に施行された酒類の安売り規制でビール系飲料の小売価格が大幅に上昇したことが出荷減につながった伝えている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

1〜3月では出荷量は0.7%減にとどまっていたが、下げ幅が拡大した。
各社の間では「安売り規制の影響で6月に缶チューハイや輸入品のプライベートブランドビールに流れた」との声が多い。

分野別では、ビールが1.4%減の9421万ケース、ビールより安い発泡酒が2.4%減の2636万ケース、最も割安な第三のビールが0.7%減の6967万ケースだった。3分野がそろってマイナスになるのは初めてのことであった。

都内の食品スーパーの担当者は「安売り規制の強化直後は前年比1割以上販売数量が減った」と語った。

各社のシェアは、首位のアサヒビールが0.3ポイント上昇の39.5%だった。割安な第三のビール「クリアアサヒ プライムリッチ」が好調だったことが寄与した。
2位のキリンビールは0.4ポイント低下し、31.7%。主力のビール「一番搾り」に注力したが、販売が振るわなかった。
3位のサントリービールは0.1ポイント低下の15.9%。
4位のサッポロビールは横ばいで11.9%だった。

そういえば、私はビールを浅草のアサヒビール本社ビル最上階でしか飲まなくなった。
ドイツ人の仲間も、このビールはうまいと言ってくれた。
他のビースは、炭酸が強く、ベタベタしてうまくない。

最近は、もっぱらハイボールになった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。