2017年07月05日

中国ネット大手CEOが公道で無許可?自動運転実演、警察が捜査。

犯罪と裁判

AFPは2017年07月06日に、中国のインターネット検索大手「百度(Baidu)」の最高経営責任者(CEO)李彦宏(Robin Li/1968 - )は2017年07月05日に、同社開発の自動運転車に自ら乗り込み、首都北京(Beijing)郊外の高速道路「5th Ring Road(五环路/五環路).」での試験走行をライブ配信した。

これについて地元メディアは、この試験走行をめぐり違法行為がなかったかどうか、警察の捜査対象になった可能性があると報じた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

李彦宏CEOはこの日、自社の人工知能(AI)事業を紹介する開発者会議に出席。
会場に向かう際、半自動運転車の助手席に座り、その模様をストリーミング中継して同社の新技術を紹介した。

ライブ配信では、運転手が膝に手を置いたまま、自動で動いているとみられる車の走行状況を確認する姿や、高速道路で加速していく車について李彦宏CEOが「周囲にかなりの数の車が走っているが、とても順調だ」と話す様子が映し出された。

「北京青年報(Beijing Youth Daily)」は、この発表を見守っていたのは会議の出席者だけではなく、李彦宏CEOによる高速道路での試験走行が違法行為に当たらないかどうか、地元警察も注視していたと伝えた。

これについて北京交通管理当局の報道官は、本件について「報告は受けた」と認めたものの、捜査が行われたかどうかについては明言を避けた。
「百度」側もコメントを控えるとしている。

もし思いつきの無許可なら、大変なことになるだろう。

そういえば、KNN神田も渋谷でSegway無許可走行で逮捕された!ただし、日本では交通違反は前科にならない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。