gaYa広告

2017年07月05日

日欧EPAの大枠合意!関税撤廃品目9割強。

経済モバイル・マネー

毎日新聞は、日本とEU(European Union/欧州連合)のEPA(Economic Partnership Agreement/経済連携協定)交渉は2017年07月05日(日本時間同日夜)に、岸田文雄外相とセシリア・マルムストローム通商担当欧州委員(Dr. Cecilia Malmström, European Commissioner for Trade)がブリュッセルで閣僚協議を行い、大枠合意に達した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

9割強の品目で関税が撤廃される。関税の撤廃や共通の投資ルールなどを通じて双方の市場での経済活動は自由になり、世界のGDP(国内総生産)の約3割を占める巨大経済圏が誕生する。

岸田文雄外相はセシリア・マルムストローム通商担当欧州委員との協議の後、記者団に対し「これまで詰めることができなかった重要な論点について解決し、大枠合意の達成を確認できた」と述べた。

焦点のチーズや自動車の関税など細部の決着内容については、6日に同地で行う安倍晋三首相とトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)らの首脳協議の後に公表する。

世界的に保護主義が台頭する中、日本とEUは2017年07月07日にドイツで開幕するG20(主要20カ国・地域)首脳会議でこの合意を手土産に自由貿易の重要性を訴える構えで、岸田文雄外相は「自由貿易のけん引役である日本とEUが世界に範を示すに足る包括的でレベルの高い合意内容だ」と強調した。

日本とEUのEPA交渉は2013年4月にスタートした。
4年以上に及ぶ交渉の末、大枠合意に至った。

交渉の最終局面では、日本側が主に自動車や自動車部品などにかかる関税の撤廃を要求した。フランスやイタリアなどの農業大国を抱えるEU側はチーズやワインなどの農産品の市場開放を求めていた。

日本側はカマンベールといったソフトチーズなどを中心に低関税の輸入枠を年間3万〜6万トンの範囲内で新設し、EPA発効後15年程度でこの輸入枠の関税を限りなくゼロに近づける譲歩案を示した。

一方、日本が「EPA発効後5年以内」、EUが「10年程度」を主張して対立していた日本製自動車の関税撤廃期限については、EU側が歩み寄り、「発効後7年」での廃止で折り合った。

EU産ワイン関税の即時撤廃や、EUから輸入する豚肉やパスタなどの関税の削減・撤廃も既に固まっている。
関税以外の分野で残された課題があり、通商筋によれば、「実際のEPA発効には1年以上かかる」見込みだが、発効すれば日本の消費者はワインやチーズを中心に欧州ブランドの食品を安く買えるようになる。

産業界では、自動車業界を中心に価格競争力が高まり、巨大市場のEUで販路拡大が期待されるなど、日本の産業構造や家計にも大きな影響を与えそうである。

EPAが発効すれば、9割超の品目の関税が撤廃される見込み。世界の人口の約1割、世界の貿易総額の約4割を占める巨大な自由貿易圏が誕生することになる。

輸出増加などを通じたGDPの押し上げ効果は、日本が1%以上、EUは0・76%程度に上ると試算されている。
ある外務省幹部は「先進国同士が高い自由化水準で貿易協定を結ぶメリットの大きさが再認識される」と意義を強調する。

そのために、消費者にとっては、国際共通通貨が必要になる。

銀行の為替手数料の撤廃が必要になる。

しかし、それにはある程度時間を必要とするが、その前に、Bitcoineなどの仮想通貨などでの取引が国際通貨として可能になれば、その尻に火をつけることになる。

米国はドナルド・トランプ(Donald Trump)米国大統領の当選以来、2国間での通商交渉を優先させる姿勢を示し、日本など12カ国によるTPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement/Trans-Pacific Partnership/環太平洋経済連携協定/環太平洋パートナーシップ協定)からの離脱を表明した。

これを受け、日本は米国からTPPの合意内容以上の市場開放を迫られるのではないかと警戒感を高めていた。

しかし、日本とEUでEPAが発効することでEU産の農産物などの関税が下がれば、日本向けの豚肉などの輸出で米国産は不利になる。米国抜きの11カ国で発効を目指すTPPも、EUと乳製品などで競合するオーストラリア、木材で競合するカナダなどが早期発効を目指す動きを強める可能性があり、日本政府内には「TPPへの復帰など、トランプ政権が通商戦略を見直す余地が出てくるのではないか」との期待感がある。

また、中国は、日韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)とのRCEP(Regional Comprehensive Economic Partnership/東アジア地域包括的経済連携)の交渉を巡り、自国産業を守るために低い水準での合意を主張している。
日本がEUとの間で高い基準の自由貿易圏を構築することで、中国に圧力をかける効果も期待されると伝えている。

2017-05-22---途上国にも配慮し、アジアFTA会合「妥結の緊急性」を確認。
2017-01-20---大統領就任演説直後、TPP離脱方針発表!
2016-11-10---米国抜きのTPP発効はありえるのか!?
2015-10-05---TPP、大筋合意。
2013-12-07---WTOは、US$1兆の世界貿易取引に合意。
2013-03-22---どうなる?日本とTPP。
2013-03-14---TPP:それは何ですか?なぜそれは重要ですか?
2011-11-28---世界中で自由貿易協定(FTA)の締結を加速している。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。