2017年07月05日

羽田空港のごみ箱に、実弾100発。

犯罪と裁判

毎日新聞、朝日新聞デジタルは、羽田空港で拳銃の実弾100発を所持していたとして、警視庁東京空港署は2017年07月05日に、銃刀法違反容疑で米国籍の60代の女を逮捕したと報告した。

60代の女は、「かばんの中に入っていたので、まずいと思いごみ箱に捨てた」と供述している。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

同署によると2017年07月04日午後、国際線ターミナルビル3階の出発ロビーにあるごみ箱から、袋に包まれた実弾を清掃員が発見。防犯カメラ映像の解析などから浮上した。

乗り換えのため2017年07月04日に、米国から夫と一緒に入国し、2017年07月05日未明に東南アジアへ出発予定だった。バッグ内の食べ物を取り出そうと中を確認したところ、米国の自宅で保管していた実弾が入っていることに気づいてゴミ箱に捨てたという。米国の自宅にいる息子が22口径の拳銃と実弾を持っており、誤ってかばんに入れた可能性があるという。

逮捕容疑は2017年07月04日午後に、羽田空港で実弾100発を所持した疑いで逮捕された。

こんなことが、手違いで起こってしまう米国が怖い。

東京税関によると、女は入国時に税関の検査を受けたが、入国の際に荷物を金属探知機などで調べることは多くないといい、実弾が発見できなかったとみられる。

つまり、容易に拳銃や実弾が持ち込める?

NHKは、「実弾が税関の検査をすり抜けて海外から持ち込まれたとすれば誠に遺憾だ。実弾を所持していた経緯を調べるとともに、引き続き、注意深く検査していきたい」と、節穴東京税関羽田税関支署は話していると報告した

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。