gaYa広告

2017年07月05日

ボルボ、内燃エンジンのみ搭載の車を廃止へ

未来

AFPは、スウェーデンの自動車大手ボルボ(Volvo)は2017年07月05日に、ガソリン車およびディーゼル車の生産を段階的に廃止し、2019年以降に発売する新たな車種はすべてEV(Electric Vehicle電気自動車)またはHV(Hybrid Vehicle/ハイブリッド車)に移行すると発表したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

中国の自動車大手浙江吉利控股集団(Zhejiang Geely Holding)傘下のボルボは、2019年から2021年の間に完全なEV5車種を発売するという。このうち3車種はボルボブランドで2車種はポールスター(Polestar)ブランドになるという。

ボルボの代表取締役社長で最高経営責任者(CEO) のホーカン・サムエルソン(Hakan Samuelsson)はフランクフルト(Frankfurt/M)で発表した声明で、「今回の発表により、(ボルボにおいて、ガソリンやディーゼルなどの)内燃機関駆動のみの車の時代は終わる」と述べた。

またボルボの広報担当者は、2019年より前に投入したガソリン車およびディーゼル車については製造を継続していくとしたが、これらの車種も段階的にHVとEVに取って代わっていくと述べた。

世界最初の量産型ハイブリッド車であるトヨタ・プリウスが1997年12月に登場してから20年。
時代は、大きく動いた!

21世紀に向けた開発プロジェクト「G21プロジェクト」の開発責任者内山田竹志は、トヨタ自動車の会長になった。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告