on-the-time.jp

2017年06月23日

有志連合のシリア空爆、1ヶ月間の民間人犠牲者数過去最多472人に!

AFPは、在イギリスのNGO「SOHR(Syrian Observatory for Human Rights/シリア人権監視団)」は2017年06月23日に、シリア国内の2県で行われた米軍主導の有志連合による空爆で、ここ1ヶ月間に民間人472人が死亡し、前月の倍以上の数となったと明らかにしたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

有志連合によるシリアでの空爆は2014年09月23日に開始。SOHRによると2017年05月23日から2017年06月23日までの1ヶ月間における民間人の死者数は、空爆開始以降で過去最多だった伝えている。

SOHRのラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表によれば、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」が大部分を支配するシリア北東部デリゾール(Deir Ezzor)県への空爆で子ども84人を含む222人が死亡し、北部ラッカ(Raqa)県への空爆では子ども53人を含む250人が死亡したという。

SOHRの情報は、すでにさらに多くなっている。

最新では、デリゾール(Deir Ezzor)県への空爆で260人の民間人が殺された。

こうなると、いつものことであるが、米国は無差別攻撃になり、国際法を破る!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。