gaYa広告

2017年06月20日

不祥事で投資家が圧力!UberのCEO辞任。

犯罪と裁判人物性とメディア

日本経済新聞 電子版、ロイター、米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」は2017年06月21日に、米国のライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズ(Uber Technologies)の40歳の最高経営責任者トラビス・カラニック(CEO/Chief Executive Officer Travis Kalanick)が2017年06月20日に、辞任したと報告した、米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」が報じたと報告した。セクハラや差別の放置など不祥事が続いたことを受け、主要な出資者が辞任を求めたと報じていた。

トラビス・カラニックが開拓者として普及に貢献したライドシェアビジネスへの影響はなさそうだと伝えている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

1976年にカリフォルニア州に生まれたカトラビス・ラニックは1998年にメディア検索・ファイル共有サービスのスコア(Scour)に参画した。

スコアでは、1998年〜2000年まで在籍し、 MPAA(Motion Picture Association of America), RIAA(Recording Industry Association of America), NMPA(National Music Publishers Association)からUS$2500億の損害賠償請求により経営破綻後、P2Pファイル・シェアリング会社Red Swooshで2001年から2007年まで在籍し、2009年にUberを立ち上げた。

Uberの2016年の売上高はUS$65億(約7215億円)、純損失はUS$28億。80以上の国・地域で配車ビジネスを展開している。トラビス・カラニックはUberを非上場ながら企業価値が1000億円を超える「ユニコーン」と呼ばれるベンチャー企業の代表格に育てた。

トラビス・カラニックは家族の不幸もあり、2017年06月13日に休職したばかりだった。
社員向けには「ふさわしい指導者になって戻ってくる」とのメールを送っていた。だがその後、それでは不十分と考えた主要株主の投資ファンドがまとまって同氏に退任を迫ったと伝えられている。

トラビス・カラニックは創業者で多くの議決権を持っていることもあり、当面は取締役にとどまるもよう。

Uberは自主退職や解雇、勧告を受けた辞任などにより、CEO、最高執行責任者(COO)、最高財務責任者(CFO)など多くの要職が空席という異常事態が続いている。そして、創業者も消えることになった。」組織改革のため、女性幹部を次々にスカウトしており、巨大ベンチャーで組織文化を入れ替える異例の試みが進んでいる。

Uberは法令順守を軽視する攻撃的な組織文化で知られ、トラビス・カラニックはその元凶とみられていた。
ただ、一連の騒動はUber自体の経営問題。同社が開拓者として貢献したライドシェアビジネスそのものへ批判が及ぶ可能性は低そうであると伝えている。

2017-06-11---Uber創業者、セクハラ隠蔽、不祥事など様々な問題が明るみに出て、休職?!
2017-04-11---Uber、不祥事相次ぎ、幹部の離反も相次ぐ。
2017-02-23---Googleの持ち株会社アルファベット、Uberを窃盗で提訴。
2017-02-21---Reliance Jioは、UberとJioMoneyを押す。
2017-01-31---ドイツのダイムラーとUberが「ロボットタクシー」実現で、提携。
2017-01-07---超高速交通システム「ハイパーループ」の試験走行候補地。
2016-12-19---自動運転で、27社が世界連合を発足する。
2016-10-28---Uber、次世代の「空飛ぶタクシー」の構想を発表。
2016-06-10---Uberに、トヨタに続き、FCA提携交渉中。
2016-05-03---Uberは、Alipayとグローバルなパートナーシップを結んだ。
2016-02-09---Uberは旧式の親方ほど全然よくない。
2016-01-25---Uberで48.3kmに、US$640の請求で、びっくり。
2016-01-04---Uberの年末運賃ホラー---恐怖は静かにやってくる!
2015-11-16---インドのタクシー歓迎App「Ola」、マネーAppを切り離す。
2015-10-30---Uber、オーストラリアのキャンベラで合法化!
2015-09-01---Uber hatchesは、インドで、それ自身の財布の計画。
2015-07-22---NYCは、タクシーではない運転手として、Uberと合意。
2015-05-28---恐るべし闇Web、パパのUberアカウントをハックできた。
2015-04-09---Ex-Googlerオサマ・ベディエは、金持ちを渡り歩く?
2014-10-30---Google財布の元トップは、Poyntと呼ばれる会社に帰ってきた。
2014-07-21---操業開始Payrangeは管理者として、前Google幹部を発表。
2014-02-12---元Googleウォレットのチーフは、資金の潤沢な操業開始に参加。
2014-01-17---モバイルペンイメント・サービスのWePayは。US$1500万を集めた。
2013-11-21---Google、物理的な支払いカードで戻ってきた。
2013-11-20---Google Walletの創設者は、新しいベンチャーでUS$700万を獲得。
2013-10-25---『5人のギャング』は、モバイル財布レースで銀行より良い位置を確保。
2013-09-18---Googleは、新しいウォレット・リバイバルに期待している。
2013-08-12---Googleは、モバイル財布でNFCによるギフトとロイヤリティカードを終了。
2013-05-13---Googleウォレットの高いハードル。
2013-05-13---Google、クレジットカード計画を廃棄、または延期。
2013-05-09---Google財布のチーフが辞任。
2013-03-25---Citiが、Google Walletから学習したもの。
2012-07-02---Twitterは、古いさえずりを渡すように命じられた。
2012-05-09---Twitter、米国の裁判所命令に反抗!
2011-10-20---ウォール・ストリートは自爆、第2次世界大戦以降で最悪!
2011-10-19---Occupy Wall Streetが、占領ウォール・ストリート・ジャーナル発刊した!
2011-10-15---世界中で金融危機に対する抗議「Occupy Wall St.」が起こった。
2011-05-27---PayPalは、Googleモバイル財布を起訴!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。