2017年06月21日

新幹線立ち往生、一時15本まで拡大し、博多まで広がった。

観光

毎日新聞は、2017年06月21日午後7時55分ごろ、東海道・山陽新幹線の京都-新神戸間の下り線で停電が発生し、同区間の上下線で運転を見合わせた。

架線断線が原因。

このため、京都-新神戸間を走行中の少なくとも上下計15本が緊急停止し、一時立ち往生した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

JR東海とJR西日本によると、上り線の見合わせ区間は同日夜に京都から徳山、小倉間へと拡大し、午後10時半には博多まで広がった。他の多くの列車にも大幅な遅れが生じた。

JR東海は同日午後10時半過ぎから、断線のなかった上り線でまず立ち往生していた車両を運行させ、さらに新大阪駅から発車した移送用の車両も加えて、下り線の立ち往生車両に横付けする異例の対応を取り、乗客を移して京都駅へ運んだ。乗客輸送は、翌日未明に終える見通しであった。

JR東海によると、トラブルを受けて下り線路などを点検した結果、大阪府高槻市西面南の下り線架線で断線しているのを確認した。復旧を急いでいるが、断線に至った詳しい原因は、21日の段階では確認できていないという。

昨日最終近くで大阪から帰ってきた娘は、「私の乗った列車から、スムーズになった。」と言っていた!
ラッキーな奴である。

もっとも、断線は大阪府高槻市西面南の下り線架線ということで、反対報告であった。

運行見合わせによる影響人員は、JR両社で調査中だが、相当な数に上るとみられ、運行再開のめどは立っていなかった。

けが人などの情報は2017年06月21日段階では確認されていないが、停電したことで、一部の車内の冷房設備が止まるなど影響が出たという。

大阪府高槻市西面南の下り線架線の緯度、経度
34°48'7.88"N,135°36'13.17"E

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する外部のサイト