2017年06月21日

新幹線立ち往生、一時15本まで拡大し、博多まで広がった。

観光

毎日新聞は、2017年06月21日午後7時55分ごろ、東海道・山陽新幹線の京都-新神戸間の下り線で停電が発生し、同区間の上下線で運転を見合わせた。

架線断線が原因。

このため、京都-新神戸間を走行中の少なくとも上下計15本が緊急停止し、一時立ち往生した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

JR東海とJR西日本によると、上り線の見合わせ区間は同日夜に京都から徳山、小倉間へと拡大し、午後10時半には博多まで広がった。他の多くの列車にも大幅な遅れが生じた。

JR東海は同日午後10時半過ぎから、断線のなかった上り線でまず立ち往生していた車両を運行させ、さらに新大阪駅から発車した移送用の車両も加えて、下り線の立ち往生車両に横付けする異例の対応を取り、乗客を移して京都駅へ運んだ。乗客輸送は、翌日未明に終える見通しであった。

JR東海によると、トラブルを受けて下り線路などを点検した結果、大阪府高槻市西面南の下り線架線で断線しているのを確認した。復旧を急いでいるが、断線に至った詳しい原因は、21日の段階では確認できていないという。

昨日最終近くで大阪から帰ってきた娘は、「私の乗った列車から、スムーズになった。」と言っていた!
ラッキーな奴である。

もっとも、断線は大阪府高槻市西面南の下り線架線ということで、反対報告であった。

運行見合わせによる影響人員は、JR両社で調査中だが、相当な数に上るとみられ、運行再開のめどは立っていなかった。

けが人などの情報は2017年06月21日段階では確認されていないが、停電したことで、一部の車内の冷房設備が止まるなど影響が出たという。

大阪府高槻市西面南の下り線架線の緯度、経度
34°48'7.88"N,135°36'13.17"E

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト