gaYa広告

2017年06月20日

衝突続くコンゴで、3000人以上が8か月で死亡。

自然戦争と平和政治経済

AFPは、政府部隊と部族勢力の民兵組織との間で衝突が続くコンゴ民主共和国(République Démocratique du Congo)の中部で、急速に治安が悪化して以降、ここ8か月で3000人超が死亡したことが、ローマ・カトリック教会の報告により明らかとなったと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

AFPはフランシスコ(Francis)法王の特使が報告で取り上げ、教会がまとめた統計のコピーを20日に入手。カサイ(Kasai)地方で繰り広げられる暴力の犠牲となり命を落とした人は3383人に上るという。

カサイ地方では2016年に、部族勢力のカムウィナ・ンサプ(Kamwina Nsapu)首長(別名ジャンピエール・ムパンディ/Jean Pierre Mpandi)が政府部隊によって殺害されたことを機に衝突が激化していた。

2017-06-12---刑務所襲撃 受刑者930人以上が脱走!
2017-02-21---m-Pesa、年間60億トランザクション処理を達成!
2014-02-04---DRコンゴのチーズは、すばらしいアート。
2013-12-03---国連は、コンゴで無人偵察機で監視を開始。
2013-11-15---コンゴのインガ・ダム計画はアフリカに動力を供給できるか?!
2013-10-29---国連は、DRコンゴM23反逆者が「ほとんど終了された。」と言った。
2013-10-09---広島、長崎の原爆に使われたウランは、自然財産によって祟られたコンゴから来た。
2012-08-18---エボラ・ウイルスは、DRコンゴの町Isiroを攻撃!
2011-03-04---ケニアとコンゴ民主共和国は、共同金の密輸を調査!
2011-01-21---アフリカ、コンゴのコミック!
2011-01-19---DRコンゴの軍司令官「大規模レイプ事件」
2010-06-06---コンゴ大統領は、人権保護運動家の死で警察代表を更迭した。
2007-10-20---コンゴ民主共和国、22テレビ局と16ラジオ局禁止!
2007-08-04---コンゴ民主共和国の国際連合平和維持ミッションが当局行動を訴えた。
2007-05-24---コンゴでゴリラ保護レインジャー殺された!
2006-12-07---コンゴで活躍する地震探知機!

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト