gaYa広告

2017年06月20日

IMF、通貨危機防止に向けて、資金供給を早くしできる新協定を導入する。

経済モバイル・マネー銀行

日本経済新聞 電子版は、米国が金融緩和の出口に向けて動き出す中で、IMF(International Monetary Fund/国際通貨基金)は通貨危機の発生を警戒している。IMFは新興国などの通貨危機に備え、新しい通貨協定を導入すると報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

事前に借り手国の審査を済ませ、危機時にすみやかに基軸通貨のドルを供給する。厳しい構造改革も条件にしない。

一昔前は、通貨危機を起こし、審査に時間を取り、厳しい条件で資金を提供し、先進国だけが潤うことが多かった。

FRB(Federal Reserve Board/米国連邦準備理事会)による利上げなどで市場が混乱するリスクがあるためだ。

IMFは伝統的に財政赤字削減などの痛みを伴う改革を条件にしてきたが、迅速に資金供給するため方針に転換する。

この新しい通貨協定は、月内にも開く理事会で正式に決めることにしていると伝えている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。