gaYa広告

2017年06月14日

中国サッカー協会、U22選手の増員や契約金の上限など新規則発表。

スポーツ

AFPはCNS(China News Service)のニュースからとして2017年06月16日に、CFA(Chinese Football Association/中国サッカー協会)は2017年06月14日に、22歳以下(U22)の選手に関する新たなルールと、2017年夏季移籍期間における契約金に関する新しい規則を意見書として公布したと報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

まず、U22の選手に関する新たな要求として、2018年より国内リーグで開催される試合の中で、クラブチームが登録可能な全25人の国内選手のうち少なくとも4人はU22の選手を加えることが記された。
もしこの条件を満たすことができなければ、チームの参加資格が取り消される。

さらにベンチ入りするメンバー18人(11人+控え7人)に関して、少なくともU22の選手3人を加え、スターティングメンバーにもU22の選手を少なくとも1人入れることとする。スタメンに入るU22の選手の人数は、同じくスタメンに加わる外国人選手の人数より少なくなくてはならない。

また、1試合の中で実際に試合に出場したU22選手の累計が、外国人選手の人数より下回ってはならない。外国人選手も1試合につき累積で3人を超えてはならない。違反したチームは、選手の退場処分や、中国サッカー紀律委員会による処罰の対象となる。

契約についても、今回サッカー協会は国内外選手の契約金に関する上限を明確にした。
運営が赤字状態のクラブに対しては確定している移籍調整金を受取れるものとするが、チームが外国人選手を引き入れる支出金額は1人あたり4500万元(約7億2000万円)を超えてはならないとし、国内加入選手の移籍金の支出が1人あたり2000万元(約3億2000万円)を超えないチームに対しては、収めた移籍調整金は全額クラブに返却するものとし、若手選手育成費用としてあてる。しかし、それをクラブ既存の育成予算と相殺してはならない。

このU22選手の新規定は、現行規定と比べ、より具体的に細かくなった。
これはクラブチームにとってさらに厳しくなったと言える。
この規定の目的は、各クラブチームの監督に若い選手の育成を重視し、外国人選手を中心に考えるチームを抑えることを目的にしている。

中国リーグに所属するチームの多くは、U22選手をあまり起用していない。
どうしても主力選手との実力差が出てしまう。
しかし今回の新規定が長期的に継続されていけば、チームの下部組織の建設も重視され、若手選手の育成も重視され、必然的に各クラブチームの多くが一流チームに成り得るとしている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。