2017年06月14日

NMPAは、名曲「イマジン」をジョン・レノンとヨーコ・オノの共作と認めた!

音楽人物

毎日新聞とArtDailyは2017年06月16日、ビートルズの元メンバー、ジョン・レノン(John Lennon)が1971年に発表してから数十年後、名曲「イマジン(Imagine)」について、NMPA(New York of the National Music Publishers Association/ニューヨークの米国音楽出版社協会)が妻のオノ・ヨーコ(Yoko Ono)を「共作者」として認めたと、米誌ビルボードなどが2017年06月15日に伝えたと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

ジョン・レノンはかつて「(イマジンの)歌詞もコンセプトも多くがヨーコからのもの("Imagine" was inspired in part by lines in Ono's conceptual art book "Grapefruit.")」とイギリスのBBCのインタビューで語っており、「レノン/オノ作」のクレジットを付けるべきだった("'Imagine' should have been credited as a Lennon/Ono song. If it had been anyone other than my wife I would have given them credit," )との考えを示していた。

ニューヨークで2017年06月14日に行われた年次総会には84歳のオノ・ヨーコと息子のショーン(Sean Lennon)も出席sita。NMPAのデビット・イスラエライト(NMPA president and CEO David Israelite)会長は「四十数年後に記録を訂正する栄誉を与えられた」と宣言した。

ショーンはあとでFacebookに、「proudest day of my life.(私の人生で、最も誇らしい日)」と書き込んだ。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告