2017年06月14日

Facebook、交渉し、妥協もできるAIボット・ツール開発。

未来

AFPは2017年06月15日に、米国フェイスブック(Facebook)AI(artificial intelligence/人工知能)研究チームは、人間と交渉ができ、妥協点も見いだせるAIボット・ツールを開発したと発表した。

FAIR(Facebook's Artificial Intelligence Researchers)のマイク・ルイス(Mike Lewis)とドゥルブ・バトラ(Dhruv Batra)はブログへの投稿で、この新技術について、パーソナル・デジタル・アシスタント開発のカギを握る「論理的な思考、会話、交渉」を可能にするボットの作成技術を前進させるものだと説明している。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

FAIRによるとこれまでのボット・ツールやチャットボット・ツールは、短い会話やレストランへの予約といった単純作業しかできないものが大半だった。
だが、Facebookが開発した新しいボット・ツールの技術は、「常識的な判断や結論を探りながら、他のボットや人間と一貫した交渉を行える」という。

FAIRの研究者らは、AIボットに物事の「価値」を評価し、交渉に関わる各当事者にとってどのくらい重要なのかを推測できる能力を与えることで、交渉能力を備えたボットのソースコード開発に成功したと伝えている。

人間は、その途中で迷い、ミスを犯すが、AIボット・ツールはミスをしないで最短で、結論を導き出すことだろう。

これを使うと、投資などの面白さは消える!

昔の人工知能投資ツールは、いい加減だった!

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告