2017年06月14日

世界初? 「走る航空機」チェコ開発。

スポーツ未来

AFPは、世界の自動車メーカーが空飛ぶ車をいち早く市場に出そうとしのぎを削る中、51歳のチェコ人のパベル・ブレジナ(Pavel Brezina)は別の方針をとった。空飛ぶ車ではなく、陸上を走る航空機、「ジャイロドライブ(GyroDrive)」を開発したと報告した。

つまり、飛べない飛行機?

それなら聞いたことがなんどもある。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

チェコのプルジェロフ(Prerov)にあるニルバーナ・オートジャイロ(Nirvana Autogyro)はパベル・ブレジナが所有する会社である。
この会社では小型航空機用のモーターを作っている。
パイロットでエンジニアでもあるパベル・ブレジナによると、ジャイロドライブは陸空両方での使用を許可された世界初の乗り物だという。

このジャイロドライブは、ジャイロプレーンを基に作られた。
ジャイロプレーンはヘリコプターのようなローターを使って上下に移動し、飛行機のような推進プロペラで前に進む。

ニルバーナ・オートジャイロはドイツの会社からジャイロプレーンの部品を購入して組み立て、ローターを動かすガソリンエンジンと、車輪を動かす電気エンジンとを切り替えられるシステムを組み込んでいる。

ジャイロドライブは2人乗りで、陸上での最高速度は時速40km。
離陸に必要な助走は100m未満で、最高飛行速度は時速180km、航続距離は600km。

ジャイロドライブの価格は150万コルナ(約700万円)からで、仕様によっては400万コルナ(約1900万円)ほどにもなるという。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。