on-the-time.jp

2017年06月14日

世界初? 「走る航空機」チェコ開発。

スポーツ未来

AFPは、世界の自動車メーカーが空飛ぶ車をいち早く市場に出そうとしのぎを削る中、51歳のチェコ人のパベル・ブレジナ(Pavel Brezina)は別の方針をとった。空飛ぶ車ではなく、陸上を走る航空機、「ジャイロドライブ(GyroDrive)」を開発したと報告した。

つまり、飛べない飛行機?

それなら聞いたことがなんどもある。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

チェコのプルジェロフ(Prerov)にあるニルバーナ・オートジャイロ(Nirvana Autogyro)はパベル・ブレジナが所有する会社である。
この会社では小型航空機用のモーターを作っている。
パイロットでエンジニアでもあるパベル・ブレジナによると、ジャイロドライブは陸空両方での使用を許可された世界初の乗り物だという。

このジャイロドライブは、ジャイロプレーンを基に作られた。
ジャイロプレーンはヘリコプターのようなローターを使って上下に移動し、飛行機のような推進プロペラで前に進む。

ニルバーナ・オートジャイロはドイツの会社からジャイロプレーンの部品を購入して組み立て、ローターを動かすガソリンエンジンと、車輪を動かす電気エンジンとを切り替えられるシステムを組み込んでいる。

ジャイロドライブは2人乗りで、陸上での最高速度は時速40km。
離陸に必要な助走は100m未満で、最高飛行速度は時速180km、航続距離は600km。

ジャイロドライブの価格は150万コルナ(約700万円)からで、仕様によっては400万コルナ(約1900万円)ほどにもなるという。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。