gaYa広告

2017年06月14日

オーストラリア政府、難民申請者に58億円支払いで和解。

経済

AFPは、オーストラリア政府がパプアニューギニア(Papua New Guinea )に設置した難民収容施設で身体的および精神的な苦痛を受けたとして、施設に収容されていた難民申請者たちが賠償を求めて起こした集団訴訟で2017年06月14日に、オーストラリア政府がA$7000万(約58億円)を支払うことで和解したと報告した。

和解金は2012年からマヌス(Manus)島の施設に収容されていた1905人に支払われる。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

和解により、オーストラリア政府および施設を直接管理していた警備会社トランスフィールド(Transfield)とG4Sは公開裁判は回避したことになる。

難民救済を偏見で行うことは危険である。
誠心誠意救済すべきである。

それができない場合は、偽善ではなく、スイスのように不可能を宣言して、非難受ける覚悟をすべきである。
その点、安倍首相は、多くの提案を無視し、難民救済不可能を宣言して、非難受ける覚悟をしている。

これはこれで、勇気のいることである。

原告側は施設の劣悪な環境が原因で心身ともに苦痛を受けたとして損害賠償を求めていた。
さらにパプアニューギニアの最高裁判所が2016年、施設で難民申請者を収容することは違憲で違法だったと判断したことを受け、不法監禁についても賠償を求めていた。

つまり、偽善の難民救済は、不法監禁にもなる。

今回イラクのモスルで起こった難民キャンプでの集団食中毒は、衛生面で、怠りがなかったか国連の難民救済センターやUNHCR(United Nations High Commissioner for Refugees/国連難民高等弁務官事務所)が被告になる。

原告側の法律事務所スレイター・アンド・ゴードン(Slater and Gordon)によると、今回の和解金は人権をめぐる集団訴訟における額としては、オーストラリア史上最高とみられる。被告側は訴訟費用A$2000万豪(約16億円)超の支払いにも応じているという。

南太平洋の島国ナウル(Naoero)の施設と共に、オーストラリア政府が管理する難民収容施設では、虐待や自傷行為、精神衛生上の問題がまん延しているとして、難民保護を訴える人びとや医療専門家らから多くの批判の声が上がっている。

2017-06-13---イラクのモスル郊外避難民キャンプで大規模な集団食中毒!
2017-02-10---日本での難民申請の裏側。
2016-11-25---大量殺害に集団レイプ…ロヒンギャ難民が証言!
2016-03-15---UNHCRトップが、シリア難民40万人受け入れを国際社会に要請。
2016-02-25---IOM事務局長、日本などに難民受け入れを求める。
2016-02-11---テロ・感染症・移民危機で、世界の観光マップが描き直される。
2016-01-23---エマ・ワトソンを移動性のキャンプに連れに来ることに請願。
2015-11-21---オバマは、大統領として、米国が避難民を歓迎すると言った。
2015-08-29---世界の『移民の聴き』を風刺画が語る。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。