on-the-time.jp

2017年06月14日

小売店のUberを目指す!自動で動く移動型スーパーマーケット「Wheelys 247」

モバイル・マネー未来

Social Design Newsは、世界を席巻している三輪自転車のモバイルカフェ「WheelysCafe」が、新たな一手を放ったと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【参考】
・新たな働き方提案してくれる「バイクカフェ」が世界一のコーヒーチェーン店になる日
・三輪自転車カフェチェーンから移動する床屋さんまで!働き方を変える次世代移動販売ビジネス5選

今回は三輪自転車ではない。太陽光発電で動く「Wheelys 247」は、50平方フィート(約46平方m)ほどの広さを持った自動で動き回る小売店だ。

アプリをダウンロードし、「ORDER STORE」ボタンを押して、近くのお店を呼び出す。

お店の中はシンプルかつスタイリッシュ。運転するスタッフ、店舗運営するスタッフはおらず、ただ整然と商品が並ぶ。

お店で購入したい商品が見つかったら、アプリを開いて商品バーコードをスキャン。クレジットカードで支払う。これからはトークンで支払うといったこともできるようになっていくのだろう。

元々WheelysCafeは、中央集権型のフランチャイズシステムへの対抗プロジェクトでもあったわけだが、今回のWheelys 247にも地域のお店の食材、料理等を並べることができる。

商品を購入するために並んだり、財布を取り出したりする必要はないわけだが、最も大きな可能性は、「店を呼び出す」という機能が自動運転時代にどういう意味を持つのか?ということだろう。

具体的には、既存のコンビニを代替する可能性が見えてくるのかどうか、ということだ。

法的な問題はありつつも、自動運転社会では、新たな次元の瞬間的な需要と供給のマッチング競争が始まる。

お店が呼び出され、商品が購入されていくイメージは、ビセオが公開されている。

アイディアは面白いが〜紹介している女の子も可愛い〜でも〜超未来的すぎる。

品揃えが悪そう!

ついでなので、三輪自転車のモバイルカフェ「WheelysCafe」のビデオも紹介する。

さらに、ベトナムのコーヒーやフランスのプレス・コーヒーの入れかたなど、不思議なビデオも紹介している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト