2017-06-07

アラブ諸国断交の余波で、中国人ツアー客が足止め!

観光

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年06月08日に、サウジアラビアやエジプトなどアラブ諸国がカタールと国交を断絶した問題で、中国からエジプトを訪れていた観光ツアーが現地で足止めを食っていることが分かったと報告した。

カタール航空(Qatar Aircraft/卡塔尔航空)がこれらの国々へ運航できなくなったためで、中国の旅行会社も対応に追われていると、2017年06月07日に法制晩報(法制晚上报)などが伝えた。

[AD] You can advertise on this site.

カタール航空(Qatar Aircraft)は2017年07月06日に、中国の旅行会社に対してサウジアラビア(المملكة العربية السعودية/Kingdom of Saudi Arabia)、エジプト(جمهورية مصر العربية/Arab Republic of Egypt)、バーレーン(مملكة البحرين/Kingdom of Bahrain)、UAE(الإمارات العربية المتحدة/United Arab Emirates/アラブ首長国連邦)の4カ国との間の運航便を停止したことを通達した。これにより、上海、北京、広州、杭州といった中国各地からカタール( دولة قطر/State of Qatar)のドーハ(الدوحة/Doha)を経由してエジプトやUAEのドバイを訪れるツアーなどが影響を受けている。

OTA(Online Travel Agent/オンライン旅行会社)大手の携程旅行網(携程旅行网/Ctrip/シートリップ)が催行した上海発のエジプトツアーは、帰国便がキャンセルとなったため14人がカイロで24時間の足止めを食った。
2017年07月08日にエジプト航空機に振り替えて帰国する予定という。

携程旅行網のCEO孙洁によると、6月は40組以上のエジプトツアーが予定されており、数百人に影響が及ぶ見通し。携程旅行網ではカタール航空から別会社への振り替えを手配する一方、キャンセル希望者には全額を返還するとしている。

2017-06-06---サウジアラビア、カタール航空の営業許可取り消し!
2017-06-05---イエメンもカタールとの断交発表。中東諸国で5か国目!

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.