gaYa広告

2017年05月30日

LINE Payが日本で3000万ユーザーを突破。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、LINEは、支払いAppを使うために日本の国内の市場でチャットAppユーザーの半分の3000万ユーザーがLINE Payに登録したと報告した。

会社は、即時のトランザクションが、そのプラットフォームを使うようにされることを可能にするため2014年に、モバイル支払いを日本全国の30の銀行と取引契約されることを含めるために、サービスを拡張した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

顧客は、コンビニエンス・ストアと、銀行転送を通じて、LINE Pay財布に、先払いされたクレジットもロードできる。

サービスの範囲をさらに拡張する入札として、2016年03月の先払いカード・ネットを物質的に発進した 。カードはラインアプリによって直接接続し、具体的な小売店の購入品においてロイヤリティ・ポイントも提供する。

ステートメントにおいて、会社は「LINEは、スマートなポータルへのラインプラットフォームで、ユーザーシームレスなアクセスを与え、情報、メディア、およびサービスの配列を変える。そのビジョンを追跡し続ける。」
「便利さを改善し、LINEの様々なライフスタイルサービスによってe-支払いを使うより多くの機会を提供することによってそのビジョンにLINE Payをフィットさせる。」と言った。

LINEの中心的なビジネスはそのチャットAppである。それは、日本の6800万人のユーザー、および230カ国を横切る合計の2億1400万のユーザーを持っている。支払いへの多角化に加えて、それは、ゲーム、ステッカー作成ソフトウェア、ブランドのセキュリティシステム、およびカメラアプリを含む多くの他のアプリケーションも提供すると伝えている。

ただし、モバイル・マネーの場合は、ユーザー数ではなく、利用数と利益であり、その数字が公開されて、初めて納得できる。

Apple Pay、Android Pay、Samsung Payもユーザー数だけが公開されている。

投資分をいつ回収できるのか?が判らない。

2016-03-24---LINEはモバイル支払い活動を持ち上げる。
2015-02-10---日本のLINEは、WebPay Holdingsを買収。
2014-12-17---LINE Payは、グローバルなスタートを得た。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告