on-the-time.jp

2017年05月31日

ロケットを空中発射させる、世界最大の飛行機登場。

未来

AFPは2017年06月01日に、飛行しながら人工衛星搭載ロケットを空中発射できる巨大航空機が、米国のカリフォルニア(California)州のモハベ砂漠(Mojave Desert)でお披露目された。

2019年にも発射実証試験を行う計画だという。
開発元の米国のストラトローンチ・システムズ(Stratolaunch Systems Corporation)のジーン・フロイド(Jean Floyd)社長が、2017年05月31日にブログで明らかにした。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

約6年前に始まったこのプロジェクトは、米国のマイクロソフト(Microsoft)の共同創業者ポール・アレン(Paul Allen)が支援している。

ジーン・フロイドによれば、今後数週間〜数か月以内にモハベ砂漠の飛行場や宇宙船基地で、燃料系統やエンジンなどを試験する。

ストラトローンチ・システムズによると、このロケット空中発射母機は重さ約226.796トン、全長約72.5m。翼幅(両翼端間の長さ)は約117mで、世界最大の航空機だと同社はうたっている。

でも、これだけでかいと、組み立てるだけでも大変である。

そういえば、ジャンボから小さな気象用ロケットを打ち上げていた。

なんと、LinkedInで3次の知り合いだった。

2014-02-28---世界の最長の航空機は英国で明らかにされた。
2009-12-18---NASAのユニークなジャンボ・ジェット機に搭載された空中望遠鏡。
2009-09-21---スペースシャトルが、ジャンボに乗って生まれ故郷に帰っていった。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。