gaYa広告

2017年05月29日

街角で充電も可能な樹木型ソーラーパネル「eツリー」

自然

AFPは2017年05月30日に、フランス中部の町ヌベール(Nevers)で2017年05月29日に、巨大な正方形のソーラーパネルを葉っぱに見立てた「ソーラーツリー(Solar tree)」がお目見えした。
通行中に立ち寄って携帯電話の充電やネットサーフィンを楽しむことができるほか、単に「木陰」で休むこともできると報告した。

ネットサーフィンを楽しむことができるということは、Wi-Fiかオンライン・ケーブルもあるのだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

ロワール(Loire)川沿いに位置する人口3万7000人のこの街では、イスラエルの企業Sol-logicが開発する技術を使った実験がヨーロッパで初めて行われている。

イスラエルの砂漠やアフリカのサバンナなどに生えるアカシアの木から着想を得た近未来的な外観を持つ「eツリー(eTree」は、給水所や街灯の役割も果たしている。

最初の試作品は、2014年にイスラエルで公開され、2015年に、初の運用モデルが仏パリ(Paris)で開催されたCOP21(国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議)で紹介された。

以来、eツリーはイスラエルや米国の約10都市に設置されている。

しかし、この考え方は古く、井戸端会議会議室ストローベリー・ツリーとして、2012年に登場している。

最近では、電動自動車用のエネルギー・ステーションも登場している。

最大の問題は、ソーラー・パネルの寿命と発電能力と言える。

世界で最高発電能力があるソーラー・パネルはシャープ製である。

将来は、電気代無料時代が来るかもしれない。

フランス中部の町ヌベール(Nevers)の緯度、経度
46°59'34.0"N 3°09'42.0"E

2017-05-30---原子力発電所の廃炉ビジネス時代が到来!
2017-05-05---成層圏を目指すソーラー機「ソーラーストラトス」、初の試験飛行。
2016-10-31---太陽光発電の恐怖!
2015-02-18---アフリカ太陽革命に昇っているか?
2014-12-27---貧困街を照らすペットボトルの電灯の作り方。
2013-10-01---科学者は、携帯電話の充電に稲妻を使用。
2013-09-05---自家発電するオレンジ!
2013-08-16---インドの村は、グリッド以外で照明を得ている。
2013-06-19---ニューヨークに井戸端会議式、iPhoneソーラー充電器が登場。
2013-02-20---Vodacomはタンザニアで携帯電話用太陽充電器を発売。
2012-11-16---バングラディシュのモバイル・ソーラー・スクール!
2012-08-31---ソーラー・パワーを供給される現在版井戸端会議室ストローベリー・ツリー。
2012-08-02---オバマ政権は、ソーラーパネル・メーカーの危険信号を逃した。
2011-02-02---無償提供ソーラーランプが、ケニア人数万人の生活を向上させた。
2007-10-30---捨てられたチップから、ソーラー・パネルを開発!
2007-10-11---米国、WTOに中国貿易規則の徹底調査を要求!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト